やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

土着天敵を活用したIPM技術導入

 当管内は、徳島県の促成なす(ハウスなす)、夏秋なすの主産地です。なす栽培の主要害虫であるミナミキイロアザミウマの被害が増えていますが、薬剤抵抗性の発達が進行し薬剤が効きにくくなっています。そこで、天敵を活用したIPM(総合的害虫管理)技術を講習会等で紹介し、普及を図っています。自然界に生存する土着天敵をゴマ、クレオメ等の温存植物で増殖させ、ミナミキイロアザミウマ等の害虫を補食させています。薬剤による防除回数が削減でき、過度の薬剤連用を防げるので害虫の薬剤抵抗性の発達を遅らせることができます。

 夏秋なす栽培講習会で天敵導入説明
促成なす(ハウスなす)指導機関のほ場巡回
オリジナルサイト表示