やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「きゅうりタウン構想」推進に向けた取組

 徳島県海部地域の「促成きゅうり」は、冬期日照量が多い自然条件を活かし、県下では栽培面積、生産量ともにトップの産地として位置づけられていますが、高齢化による担い手不足が課題となっています。

 そのため、担い手対策として特産物である促成きゅうりを核に、担い手の確保と栽培面積の拡大等を図り地域の活性化に繋げるため、JAかいふ、海部郡3町、県が一体となった推進組織を設立し、移住就農等を希望する若者の育成を進め、地方創生を図る「きゅうりタウン構想」の実現に向け取り組んでいます。

 さらに確実な就農へと導くために、次世代園芸実験ハウスを建設し、新たな担い手育成のためのきゅうり塾の開講に加え、自立就農に向けたシステムを構築するとともに、技術の確立に対し全国の情報収集、篤農家の技術解析を実施し養液栽培技術の導入を支援しています。

 

次世代園芸実験ハウス
海部きゅうり塾開講式
地域篤農家と海部きゅうり塾2期生