やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

技術情報(愛宕柿)

愛宕柿

5月

1 摘蕾

 柿は発芽から開花までの期間は、ほとんど前年の貯蔵養分で生長します。摘蕾で初期生育

 を促しましょう。

 摘蕾の時期は、蕾の善し悪しが判断できる開花15日前頃からです。長大な枝で3蕾、中庸

 な枝で2蕾、弱い枝で0~1蕾残します。

 枝の基部から2~4番目の花が大きな実になります。上向き蕾、小さい蕾、遅れ花を中心に

 取り除きます。

 

2 かん水

  5月~6月上旬に乾燥すると、新梢の伸びが悪くなったり、結実不安定の原因となります。

  晴天が続く場合は、5~7日間隔で20mm程度のかん水を行いましょう。

 

3 病害虫防除

 炭そ病、うどんこ病、灰色かび病等の発生時期です。また、落葉病は秋に発病しますが、

 感染期は5月~7月です。

 薬剤防除は、容器に記載された使用基準を守り、朝夕の涼しい時間帯に散布しましょう。

  ・炭そ病は軟らかい枝に発生します。被害枝は次の発生源となるので、園地から持ち出

   しましょう。前年被害の多く発生した園地は、特に注意しましょう。

  ・チャノキイロアザミウマは、開花期頃から柿への飛来が多くなります。収穫期まで加

   害するので、初期防除が大切です。

6月

1 排水

 梅雨に備え、排水溝を整備しましょう。

 

2 施肥

 年間施肥量の20%を6月に施用します。

 成木10アールあたりの施肥量は、窒素成分で4キログラムが目安です。

 新梢の発生が旺盛な場合は、施肥量を控えましょう。

 

3 病害虫防除

 (1)カキノヘタムシガ

   7月や8月下旬に果実のヘタ周辺でカキノヘタムシガ幼虫がふ化し、加害すると

   落果します。

   成虫の発生時期と果実での被害時期が異なるので、防除時期に注意してください。

   年2回の発生があり、防除時期は6月上旬と8月上旬です。

 

 (2)フジコナカイガラムシ

   果実のヘタの隙間などに白い虫が見られ、べたべたした排泄物にすす病が発生

   します。

   白い部分はろう物質で、薬剤をはじきます。ろう物質が付着していない小さな

   幼虫に対して薬剤散布を行いましょう。防除適期の目安は6月下旬です。

 

 (3)カメムシ類

   カメムシ類の飛来を発見したら、早急に防除を行いましょう。カメムシ類の飛

   来が多い朝夕の防除効果が高くなります。カメムシ類は移動範囲が広いため、

   地域での一斉防除が望ましいです。

 

 (4)炭そ病、落葉病

   先月に引き続き、炭そ病や落葉病の防除時期です。どちらも降雨により伝染す

   るので、この時期の薬剤防除は重要です。

   農薬の使用にあたっては、容器に記載された使用基準を守り、周辺作物への飛

   散に十分注意するとともに、使用後の散布器具は洗浄を徹底してください。

   

7月

1 摘果

 生理落果後に1結果枝あたり1果、1果あたりの葉数15~20枚を目安に摘果します。

 着葉数5枚以下の結果枝は全て摘果します。

 下向き又は横向き、大きめでがくを持ち、形状の良い無傷の果実を残します。残す

 果実を決めたら、その他の果実を取り除きます。

 

2 除草、かん水

 雑草が繁茂すると、柿樹との間に水分競合が起こります。梅雨明け前に草刈りを行

 いましょう。

 梅雨明け後の乾燥は樹体への影響が大きいので、乾燥が続く場合はかん水を行いま

 しょう。

 

3 病害虫防除

 炭そ病、落葉病、うどんこ病等の感染時期です。薬剤防除だけでなく、風通しをよ

 くするなど予防対策も行いましょう。

 カメムシ類やイラガも発生します。虫の被害が比較的まとまって見られるので、園

 地をこまめに見回りましょう。

 カメムシ類の飛来が多い場合には、残効の長い農薬を使用しましょう。

 薬剤防除は、容器に記載された使用基準を守り、朝夕の涼しい時間帯に散布しま

 しょう。

オリジナルサイト表示