文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

とくしま 目安箱

学校におけるマスクの着用推奨の件

ご意見

40代 

いま,子供のマスク着用による酸素不足に伴い,将来の脳障害リスクが叫ばれております。
新型コロナによる子供の重症化が皆無の中で,マスク着用を推進する教育委員会の了見は如何に。
もし,将来,脳障害が発生した場合,徳島県は補償する覚悟があるのですか。
あの,WHOでさえロックダウンは間違っていたと,最近になって上級幹部が方針を改めています。
本当にマスクはした方が良いと思ってますか。
有権者として,科学的データに基づいた政策を実施されることを望みます。

回答

【教育委員会からの回答】

この度は,御意見ありがとうございます。

徳島県教育委員会では,文部科学省作成の「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~『学校の新しい生活様式』~」を踏まえて,「学校教育活動においては,近距離での会話や発声等が必要な場面も生じうることから,飛沫を飛ばさないよう,児童生徒等及び教職員は,基本的には常時マスクを着用することが望ましい。ただし,十分な身体的距離が確保できる場合や熱中症などの健康被害が発生する可能性が高いと判断される場合にはマスクを外すなど,活動の態様や児童生徒等の様子を踏まえ,現場で臨機応変に対応すること。」としております。

具体的には,体育の授業時や児童生徒本人が息苦しいと感じている時には,自身の判断でマスクを外すこと等の適切な対応を行うよう指導することを学校に依頼しており,御指摘のような酸素不足の状態にならないよう対応しているところです。

新型コロナウイルス感染症については,子どもが重症化した症例は少ないかもしれませんが,学校は集団生活の場であり,持病を抱え登校している児童生徒も少なくありません。

現時点の知見においては,児童生徒本人のためにも,周囲のためにも,状況に応じて適切にマスクを着用することは,感染拡大防止の観点から必要であると考えております。

※回答文については、提言者にお返事した際の内容を掲載しております。その後の事情変更により、現在の状況と異なる場合がありますので、詳しくは担当課までお問い合わせください。

この件に関するお問い合わせ

体育学校安全課食育・健康教育担当
電話番号:088-621-3172
ファクシミリ:088-621-3173
メールアドレス:taiikugakkouanzenka@pref.tokushima.jp

お問い合わせ
監察局 監察評価課 県庁ふれあい室 ふれあい交流担当
電話番号:088-621-2255
FAX番号:088-621-2862
メールアドレス:kansatsuhyoukaka@pref.tokushima.jp