やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

とくしま 目安箱

小松海岸の砂の持ち帰りについて

ご意見

30代 男性

 先日小松海岸にて砂を採取していたところ,『県の者』と名乗る男性から声をかけられました。
 「その砂は何に使うのか」と聞かれたので「釣りに使う」と答えました。それに対し「砂を持って帰るのは原則禁止である」とおっしゃられたので,同行した者が「寄せ餌を沈める重しに使う(つまり釣りに使う際には海に戻す)」と答えようとしたところ「そんなことはどうでも良い」と言われました。
 その後「人の家にある物を勝手に持ち帰るのと同じことだ」など言われ,「トラックに載せて持って帰るようなのはいけないが,少しばかりなら良い」とも言われました。
 私共も海岸等,国や自治体が管理する土地の物を無闇に持ち帰ることが窃盗罪にあたるということぐらいは存じております。また各自治体も営利目的や常識の範囲を越える量の採取に関しては取り締まりを行っていることも存じております。立て看板等で砂の持ち帰りに関して注意書きがあるでもなく,釣り用バッカンに入るだけの砂を持って帰ることが徳島県での『常識の範囲を越えるものなのか』どうかが明確ではありません。
 巡回等で県の職員の方が見回りに来る以前に,注意喚起する掲示物や明確な基準を定めたものを提示していただければ良いのではないか,と感じました。
 あと『県の者』と名乗る方は名前,部署を名乗るでもなく身分証を提示するでもなく声をかけられたので,私は「本当に県の職員なのか」と疑いました。そういった立場を装って「砂を持ち帰るなら金を出せ」のような詐欺の手口かと疑ったぐらいです。自身が訊ねてきた砂の使用用途を答えようとしても話半分で遮ったりと,怪しい素振りが目立ったものですから…最終的に金品を求めてきたり,個人情報を聞きだそうという態度は見られなかったので県の職員の方なのだと思い込むことにしましたが。
 もし定期的にこういった声かけや見回りをされるのであれば,部署や個人氏名を名乗っていただけると変に身構えることもなくなるので助かります。

回答

【東部県土整備局<徳島>からの回答】
 この度は,海岸区域の管理について,貴重な御意見を頂き,ありがとうございました。

 小松海岸を含む公共海岸では,海岸法により許可なく砂を採取することは禁止されており,県におきましては,適正な維持管理のため管理者として,定期的に巡回パトロールをしているところです。
 御投稿の件につきましては,去る11月7日,海岸区域を巡回中の職員が小松海岸において砂を採取しているところを見かけたため,声かけを行ったものです。

 なお,今後は,巡回の際には身分証の提示など適切な対応を徹底するとともに,海岸法に基づいた海岸区域の環境保全に努めてまいりますので,御理解賜りますようよろしくお願いします。

※回答文については,提言者にお返事した際の内容を掲載しております。その後の事情変更により,現在の状況と異なる場合がありますので,詳しくは担当課までお問い合わせください。

この件に関するお問い合わせ

東部県土整備局<徳島> 港湾管理担当
電話番号:088-653-8892
ファクシミリ:088-623-4036
メールアドレス:toubu_ks_t@pref.tokushima.jp