やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県職員(公衆衛生医師)の募集について

県の関係機関(保健所等)で勤務する公衆衛生医師を募集します。

公衆衛生行政に関心、意欲のある方は、お気軽にお問い合わせください。

■採用試験実施要領等

1.採用予定人員

2名程度

2.採用予定時期

随時(具体的な時期については調整します)

3.職務の内容

県の関係機関(保健所等)において、公衆衛生関係の業務に従事します。

また、週1回程度、県立病院等にて臨床業務に従事する場合があります。

4.受験資格

(1) 次のa及びbに該当する者

a.昭和31年4月2日以降に生まれた者

b.医師法(昭和23年法律第201号)による医師の免許を有する者で、臨床経験(臨床研修期間を含む)を5年程度有する者

(2)欠格条項(次のいずれかに該当する者は受験できません。)

ア_日本の国籍を有しない者

イ_地方公務員法第16条各号のいずれかに該当する者

 a.禁錮刑以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることが

なくなるまでの者

 b.徳島県において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者

 c.日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力

で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

5.選考方法

(1)第1次試験

書類審査の上、面接による選考を行います。

面接の日時、場所等の詳細は、別途調整します。

(2)人事委員会等の選考

第1次試験の合格者に対し、後日人事委員会等の選考を経て採用が決定されます。

6.受験手続

受付期間:令和2年7月1日(水)から随時

申込方法:申込みは、持参による方法と郵送による方法があります。

(1)持参による申込み

執務日の午前8時30分から午後6時までに徳島県保健福祉部保健福祉政策課

総務担当に提出してください。

(2)郵送による申込み

封筒の表に「公衆衛生医師申込」と朱書きし、必ず「書留郵便」により

徳島県保健福祉部保健福祉政策課あて送付してください。

7.提出書類

次の書類を徳島県保健福祉部保健福祉政策課に提出してください。

a.受験申込書(指定様式)1部

b.履歴書1通(市販の様式で可。写真を添付すること。)

c.面接カード(指定様式)1部

d.医師免許証の写し1通

e.小論文2題(様式自由・800字程度)

 1.「公衆衛生分野における感染症対策について」

 2.「生活習慣病予防のために効果的であると考えられる対策について」

f.通常はがき

 受験票として使用するため、表面に受験票送付先の郵便番号・住所・氏名を

 記入し、裏面には何も記入しないでください。

8.勤務条件等

(1) 給与

給料は、医師免許取得後の勤務歴や経験年数等を踏まえ、職員の給与に関する条例(昭和27年徳島県条例第2号)の規定に基づき決定されます。
(目安)医師経験年数10年程度の場合、年収約1,100万円
※給料、地域手当、初任給調整手当、期末勤勉手当を含みます。
その他、扶養、通勤、住居等の諸手当が支給要件に応じて支給されます。

(2) 勤務時間

原則として8時30分から17時15分(昼休み1時間)
※勤務場所によっては9時30分から18時15分とすることができます。

(3) 休日

土、日、祝日、年末年始

(4) 休暇

年次休暇(年20日)、特別休暇(結婚、出産、忌引、夏季休暇など)
※その他、育児や介護のための休暇制度、勤務時間の調整等もあります。

9.その他

詳細については、別添「R02実施要領」をご覧ください

■徳島県社会医学系専門医プログラム

 徳島県では「社会医学系専門医」資格を取得できる研修プログラムの認定を受けています。

 徳島県職員として採用された医師は、県職員として勤務しながら、原則3年間の研修を終了し、認定試験に合格することによって資格を取得することができます。