やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「とくしま新未来データ活用推進戦略」の策定について

 急速なICTの技術進歩等を背景にデータ流通量が飛躍的に増大する中、データ活用によりすべての県民がその効果を実感できる新未来を創造するとともに、あわせて、IoT・ビッグデータ・AIなどの活用実証により徳島モデルを創出し、本格化する「第4次産業革命」を先導することを目的として、「とくしま新未来データ活用推進戦略」を策定しました。

計画の位置づけ

 ICT先進県である本県のデータ活用基盤を更に進化させ、少子高齢化など諸課題の解決やオープンイノベーション創出につながる官民データ活用、未来を拓く新価値創造の実現に向けた戦略的な推進計画としています。

計画期間

 平成30年度から平成32年度までの3年間

基本施策

(1)共通事項

 ○ セキュリティ対策及び人材育成

 

(2)個別事項

 ① 行政手続のオンライン化

 ② システム改革・業務見直し

 ③ オープンデータの推進

 ④ マイナンバーカードの普及・活用

 ⑤ デジタルデバイド対策

 ⑥ IoT・ビッグデータ・AIの活用

オリジナルサイト表示