やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

本校は,平成23年4月,「徳島県立看護専門学校」と「徳島県立看護学院」の両校が統合し,3課程3学科からなる,県内最大規模の看護師等養成校として開校いたしました。

統合前の両校には,それぞれ築き上げてきたすばらしい歴史と伝統があり,送り出した卒業生は1万1千人を超え,県内外で広く活躍されています。

私たち教職員一同は,その歴史と伝統を継承,発展させ,新しい「総合看護学校」として学生のみなさんと共に,新たな校風と歴史を育む努力を続けてまいりたいと考えています。

さて,今日の社会においては,生活習慣病の増加といった疾病構造の変化や急速な医療技術の発展への対応をはじめ,新たな感染症への対策や医療安全の確保な ど多くの課題に適切・迅速に対応しうる質の高い看護が求められています。本校では,県民のみなさんに安全で安心な保健・医療サービスを提供できるような幅 広い能力と豊かな感性を備えた看護職の人材育成を通して,これら時代の要請に応えていきたいと考えています。

本校は,万葉集に詠まれた「眉山」を南に仰ぎ,清流「鮎喰川」が西を流れる,自然に恵まれた環境にあります。春夏秋冬,豊かな自然の中で感性豊かに学んだ学生たちが,地域に貢献する看護職として活躍してくれることを期待しています。

徳島県立総合看護学校
校長 竹岡 幸子

すだちくん