やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

医療事故の再発防止に向けた提言第9号の公表について

 医療事故調査制度につきましては、平成27 年10 月から、医療事故が発生した医療機関において院内調査を行い、医療事故調査・支援センター(以下「センター」という。)において、その調査報告を収集し整理・分析することで医療事故の再発防止につなげ、医療の安全を確保することを目的として実施されております。また、センターは再発の防止に関する普及啓発を行うこととされており、今般、医療事故の再発防止に向けた提言第9号として、「入院中に発生した転倒・転落による頭部外傷に係る死亡事例の分析」(以下「提言書」という。)が公表されましたのでお知らせします。提言書につきましては、別途、センターから各都道府県知事、各保健所設置市長及び各特別区長宛に送付することとなっており、センターのホームページ(https://www.medsafe.or.jp/modules/advocacy/)にも掲載されていますことを申し添えます。介護保険施設等におかれましてもこの提言書をご確認していただき、医療事故の再防止に努め、医療の安全を確保していただくようお願いいたします。