やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

令和元年度「介護ロボット導入支援事業」について

介護ロボットの導入を支援し、介護ロボットを活用することにより、介護従事者の負担軽減等を図り、もって介護従事者の確保につながるものとなるよう、今年度、徳島県地域医療介護総合確保基金事業費補助金(介護分)を活用し、「介護ロボット導入支援事業」を実施することとしました。

本事業による補助金の交付を希望される法人等は、添付の希望調査票(エクセルファイル)により、令和元年12月13日(金)までに長寿いきがい課いきがい・活躍推進室あてファクシミリ又はメールにより提出してください。

※希望調査票の提出がない場合は、本事業による補助金の交付申請を認めませんので、希望される法人は、必ず期限内に提出してください。

補助事業者

徳島県内に所在する介護サービス事業所を運営又は開設する者

補助対象機器

次の(1)から(3)までの全ての要件を満たす介護ロボット

(1)目的要件

日常生活支援における、1移乗介護、2移動支援、3排泄支援、4見守り・コミュニケーション、5入浴支援、6介護業務支援のいずれかの場面において使用され、介護従事者の負担軽減効果のある介護ロボットであること。

(2)技術的要件

次のいずれかの要件を満たす介護ロボットであること。
(ア)ロボット技術(1センサー等により外界や自己の状況を認識し、2これによって得られた情報を解析し、3その結果に応じた動作を行うもの)を活用して、従来の機器ではできなかった優位性を発揮する介護ロボット
(イ)経済産業省が行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」(平成30年度からは「ロボット介護機器開発・標準化事業」)において採択された介護ロボット

(3)市場的要件

販売価格が公表されており、一般に購入できる状態にあること。

対象経費・補助限度額等

(1)対象経費

介護ロボットの購入、リース又はレンタルに要する経費

※初期設定に要する費用を含む。

※メンテナンス費用、インターネット接続のための通信機器費用やインターネット回線使用料等の通信費、その他本事業として適当と認められない費用は含まない。

※リース又はレンタルに要する経費は、補助金交付の決定を受けた日から令和2年3月31日までの費用に限る。

(2)補助限度額

1機器につき30万円(ただし、60万円未満のものは価格に2分の1を乗じて得た額)

県予算の範囲内となります。各法人の希望状況により金額が変動する可能性がありますので、予めご了承ください

(3)限度台数等

本事業の対象となる機器の限度台数は、助成1回あたり次のとおりとする。

(ア)施設・居住系サービス

利用定員数を10で除した数

(イ)在宅系サービス

利用定員数を20で除した数

※交付申請書に添付する介護ロボット導入計画(実施要領にある要領別紙1)1計画につき1回の助成とする。

参考(補助金交付要綱等)