やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

若者の悩みを共有しよう

若い世代の自殺

 厚生労働省が発表した統計によると、自殺死亡率(人口10万人あたりの自殺者数)は平成15年のピークから減少傾向にあります。しかし、20歳未満の自殺死亡率はほぼ横ばいを続けており、若い世代(15~39歳)の死因の1位は自殺となっています。こうした状況は国際的にみても深刻であり、若い世代で死因の1位が自殺となっているのは、先進国(G7)では日本のみです。

 徳島県では、若い世代の自殺をゼロにするために、子どもや若者への自殺対策を推進しています。

だれもが悩みを抱えている!?

悩んだとき、周りを見ると幸せそうに感じることがあります。でも、アンケートを取ると、みんなそれぞれいろいろな悩みを抱えていることがわかります。

悩みを聞いてもらうだけで、楽になることがあるかもしません。

悩み、相談しよ

どんなことで悩んでいますか!?

大学生へのアンケート結果によると、悩みの理由で最も多いのが「人間関係」。次に多いのが「学業・進路」となっています。

どんなことで悩んでいるのかのグラフ。人間関係が最も多く、続いて学業・進路で悩んでいる。

若者の抱える悩み

「親や友達との関係」、「恋愛」、「進路」、「バイト」、「容姿」など、若者が抱える悩みは様々です。

複数の悩みを抱えている若者もいます。

具体的な悩み

若者の悩み解消法

若者の悩み解消法

ストレスをためていませんか!?

人は常に多くのストレスを受けながら生活しています。

適度なストレスは、人を成長させるのに必要なことですが、過度なストレスは、心や体に大きな負担となります。

早期のストレス解消が大切です。話を聞いてもらうだけでも不安が解消することがあります。

ストレスをためていませんか。

ストレスのセルフチェックしてみよう

「疲れやすい」、「眠れない」、「イライラする」などの症状が出たときは、心の不調を疑ってみることも必要です。

セルフチェックしてみましょう。

日常生活に支障がでたり、自分の力で解決できないときは、「休養をとる」「相談する」「病院に行って診てもらう」などにより早期対応することで回復も早くなります。

ストレスチェック

心や体にSOSが出ているときは、ひとりで悩まず、まずは相談!

相談方法は、電話、対面などの他に、LINEやツイッターといったSNSで相談できるところもあります。

相談は匿名(名前や個人がわかる情報を言わなくてもOK)で、秘密は守られます。

まずは、気軽に相談をしてください。どの相談窓口も丁寧に対応してくれます。

相談窓口案内

若者向けリーフレットについて

県では、大学生の協力を得て、リーフレットを作成しています。本ページに掲載している画像はその一部です。配布や活用を検討される方は、「お問い合わせ」までご連絡ください。

若者への情報発信

フェイスブックで様々なイベント情報や相談窓口などを不定期で発信しています。

フェイスブック表題

若い世代の「生の声」

徳島県の高等教育機関に在籍する学生384人のアンケートをまとめました。

それぞれに悩みや思いを抱えて生活しています。どのような悩みを抱えているのか。「生の声」を共有します。

アンケートの内容はリーフレット作成に活用しています。