やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「徳島県飲食関連事業者一時支援金」について

 徳島県では、「新型コロナウイルス感染症」の感染拡大を受け、令和3年4月16日(金)から、県内全域の「食品衛生法の営業許可を得て営業を行う飲食店の皆様」に営業時間の短縮のご協力をいただいております。この「営業時間の短縮要請」にご協力いただいた飲食店と直接・間接取引があり、経営に大きな影響を受けた飲食関連事業者等の皆様を支援するため、「一時支援金」制度を創設します。

※現在、実施要領、申請様式等を準備中です。準備でき次第、本ホームページでお知らせいたします。

支給対象者

  • 県からの営業時間の短縮要請に協力いただいた飲食店等と継続的に直接・間接の取引(※)がある県内に事業所を有する中小・小規模事業者等(個人事業者を含む)
  • タクシー事業者(一般乗用旅客自動車運送事業の許可を受けている方)
  • 自動車運転代行事業者(公安委員会の認定を受けている方)

※ 間接の取引のある事業者:自らが販売する商品等が、流通事業者や卸売市場を通じて「営業時間の短縮要請」にご協力いただいた飲食店に、納入されている事業者

支給要件

  • 令和3年4月又は5月の売上が、前年又は前々年同月比で50%以上減少していること
  • 県「ガイドライン実践店ステッカー」又は「事業者版スマートライフ宣言」を掲示していること

対象期間

  • 令和3年4月及び5月

支給額

  • 1事業者あたりの支給額:法人 40万円(上限) 個人事業者 20万円(上限)
  • (支給額) = (前年又は前々年の4月・5月の合計売上) ー (対象期間から任意に選択した月の売上) × 2