やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新型コロナ対策農林漁業者応援給付金(申請期限:令和3年5月31日)

当事業では、「新型コロナ対策農林漁業者金融支援事業」の融資を受けた方のうち、特に経営状況の厳しい方に給付金を支給しています。
この度、農林漁業者のみなさまの経営継続の取組みを引き続き支援していくため、申請期限を延長しました。

◇対象となる方
次の1及び2の要件を満たす農林漁業者のみなさまが対象となります。
1.「新型コロナ対策農林漁業者金融支援事業」の融資を受けた方
2.令和2年2月以降で、原則として、最近1か月の収入が前年同期比で50%以上減少、かつ
その後2か月を含む3か月の収入が前年同期比で50%以上減少することが見込まれる方
(前年の実績がない方については、原則として、最近1か月の収入が、
最近1か月を含む最近3か月の平均収入と比較して50%以上減少している方)

※前年同期が既に新型コロナウイルス感染症の影響を受けている場合は、前々年同期と比較することも可能です。

◇支給額:「新型コロナ対策農林漁業者金融支援事業」で融資を受けた額の10%

◇支給上限額:個人50万円、法人100万円

◇申請期限:令和3年5月31日(月)[変更前:令和3年1月29日(金)]

※ただし、令和3年3月31日(水)までに「新型コロナ対策農林漁業者金融支援事業」の申請を完了している必要があります。

【注意事項】
・申請には「新型コロナ対策農林漁業者金融支援事業」の貸付実行を証する書類が必要です。
(金融支援事業の借入手続きにも時間を要するため、お早めに取扱金融機関にお問い合わせください。)
・給付金の支給は、1農林漁業者あたり1回限りとなります。

◇申請手続

申請には次の書類が必要となります。

・給付金支給申請書(様式第1号)
・金融支援事業の貸付実行を証する書類
・売上高等確認に係る調書(様式第1-1号~第1-4号のいずれか該当する様式)
・売上高等を証する書類