文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新型コロナワクチン追加接種(4回目接種)の施設接種の実施に係る参考様式について

令和4年7月22日厚生労働省健康局予防接種担当参事官室から「新型コロナワクチンの4回目接種の対象拡大について」の事務連絡が発出され、4回目接種の対象者として新たに「医療従事者・高齢者施設等従事者」が対象となりました。

対象となる施設単位で、「接種券の発送を希望」(様式1)や「県主導の大規模集団接種会場での接種を希望」(様式2)される場合は、関係様式を活用ください。

【様式1】接種券発行依頼名簿

 施設単位で接種券の発送を希望する場合は,様式1に必要事項を記載し,住民票所在の市町村ごとに発送を依頼ください。

 なお、市町村によっては、個人からの申請にのみ対応する場合がありますのでご留意ください。

【様式2】大規模集団接種予約名簿

 県主導の大規模集団接種会場(モデルナワクチン使用)においては、施設単位での予約申込が可能です。

 接種医療機関の調整がつかない場合や接種券が届かない場合の「接種券なしでの特例接種」も可能ですので、

 接種日程を確認の上、様式2に必要事項を記載し、接種希望日の3日前までに県の施設所管課あて申し込みください。

 (高齢者施設の場合)長寿いきがい課TEL:088-621-2159、E-mail:choujuikigaika@pref.tokushima.jp

 (障がい者施設の場合)障がい福祉課TEL:088-621-2244、E-mail:syougaifukushika@pref.tokushima.jp

4回目接種の対象者

【対象】

 3回目接種の完了から5ヶ月以上が経過した、

 1.60歳以上の方(努力義務)

 2.18歳以上60歳未満の方のうち、基礎疾患を有する方その他新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方(接種勧奨)

 3.医療従事者等及び高齢者施設等の従事者(重症化リスクが高い多くの方々に対してサービスを提供する医療機関や高齢者施設・障がい者施設等の従事者)(接種勧奨)