やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「新型コロナウイルス感染症により休業等となった医療機関等に対する継続・再開支援事業」について

1.事業の目的

 新型コロナウイルス感染症患者の発生により、休業・診療縮小を余儀なくされた医療機関等に対して、継続・再開の支援を行うことにより、地域で求められる医療の提供を維持することを目的とします。

2.事業の概要

 新型コロナウイルス感染症患者が発生したことにより、休業、入院・外来業務の休止、入院病棟の一部休棟、新規入院の休止を行った医療機関に対し、継続・再開時に必要な整備を支援するための補助金を交付します。

補助対象事業者

新型コロナウイルス感染症患者が発生したことにより、医療機関の休業、入院・外来業務の休止、入院病棟の一部休棟、新規入院の休止を行った医療機関

補助対象

 新型コロナウイルス感染症により休業・診療縮小を余儀なくされた医療機関の継続・再開時に必要な次の整備に要する費用

(1)HEPAフィルター付き空気清浄機

(2)消毒経費

補助額

次により算出された額の合計額

(1)HEPAフィルター付き空気清浄機

 購入額の1/2(事業者負担が1/2)

 ※購入額の上限は、1台当たり905,000円

 ※1施設当たりの上限は、2台

(2)消毒経費

 総事業費の1/2(事業者負担が1/2)

 ※総事業費の上限は、1施設当たり600,000円

3.申請の方法等

徳島県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業補助金交付要綱に基づき、次の書類により申請を行ってください。

1.補助金交付申請書(様式第1号)

2.経費所要額調書(様式第2号)

3.計画書(様式第3号)

4.歳入歳出予算書(見込書)抄本

5.その他参考となる資料

4.事業の実績報告

事業計画書等に基づき、補助金の交付決定を受けた医療機関においては、補助事業完了の日から起算して30日を経過した日又は補助金の交付決定のあった年度の3月31日のいずれか早い期日までに、次の書類を提出し、実績報告を行ってください。

1.実績報告書(様式第6号,様式第8号)

2.経費所要額精算書(様式第7号)

3.歳入歳出決算書(見込書)抄本

5.領収書、契約書の写しなど対象経費の支出がわかる書類

6.その他参考となる資料

5.その他様式等