やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「徳島県医療従事者支援事業(新型コロナウイルス感染症に係る危険手当支給に対する補助事業)」について

1.事業の目的

 徳島県では、新型コロナウイルス感染症に係る医療提供体制を確保し、県内の医療崩壊を防止するため、県の要請に基づく「帰国者・接触者外来」等協力医療機関に勤務し、新型コロナウイルス感染症患者又は疑い患者(以下「感染症患者等」という。)の診療・看護等に直接従事した医療従事者に対し、特殊勤務手当(危険手当)(以下「危険手当等」という。)を支給した医療機関に対し、当該手当相当分について補助を行います。

2.事業の概要

対象となる医療機関等

1.新型コロナウイルス感染症に係る帰国者・接触者外来、入院患者受入医療機関、宿泊療養施設等で、感染症患者等の診療・看護等に直接従事した医療従事者に対し、危険手当等を支給した医療機関等

2.1以外の医療機関等で、「新型コロナウイルス感染症の感染可能性が高い」と判断し、行政検査のための検体採取を行った場合や、医療機関において通常診療により入院治療中の患者が陽性となった場合に、危険手当等を支給した医療機関等

対象となる医療従事者

 上記医療機関等に勤務し、感染症患者等に対し診療行為等を行った医療従事者で、新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令第5条に規定される医療従事者

(医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士等)

対象となる勤務期間

 各医療機関等において、感染症患者等の診療等を行った日を補助対象の始期とします。

 但し、令和2年2月1日以降に行った診療等が対象となります。

 終期については、現時点では未定です。

3.交付要綱

徳島県医療従事者支援事業補助金交付要綱については、下記のとおりです。

申請書様式等

申請にあたっては、下記の申請書様式により、関係書類を添えてご提出ください。

4.申請に当たって

 申請に当たってのQ&Aをまとめましたので、ご参考ください。