やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新型コロナウイルスに対する「ポビドンヨード入りうがい薬」の使用について

1.新型コロナウイルスに対する「ポビドンヨード入りうがい薬」の使用について

 令和2年8月4日、大阪府、大阪市及び府立病院機構大阪はびきの医療センターが、「新型コロナウイルス感染者のうち、「ポビドンヨード入りうがい薬」を使用した患者は、未使用の患者に比べ、唾液PCR検査で陽性になる確率が下がった」との研究結果を発表しました。

 発表によるとこの結果は、患者の唾液中のウイルスが減ることを示唆するものであり、他人への感染を予防する効果については実証しておらず、また、体内のウイルスには効果は及ばないとしています。

 「ポビドンヨード入りうがい薬」の新型コロナウイルスに対する効果については、現時点では判断できる状況ではないことから、使用する場合は、従来の効能効果である「口腔内及びのどの殺菌、消毒、洗浄」を目的として、用法・用量を守ってご使用ください。

2.「ポビドンヨード入りうがい薬」の販売について

 「ポビドンヨード入りうがい薬」は、第3類医薬品もしくは医療用医薬品に該当し、販売する場合は許可が必要になります(フリマアプリ等による個人販売についても同様に許可が必要です)

 許可なく販売する行為は、薬機法違反になりますので決して行わないでください。