やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新型コロナウイルスに対する「次亜塩素酸水」の使用について

 新型コロナウイルス感染症の影響で、品薄が続くアルコール消毒剤や次亜塩素酸ナトリウムなどの代替品として、「次亜塩素酸水」が使用されています。

 「次亜塩素酸水」は、電気分解などの手法で作られる酸性の物質で、食品の消毒などに使われていますが、「次亜塩素酸ナトリウム」とは別のものとなります。

 「次亜塩素酸ナトリウム」は、家庭用の塩素系漂白剤などの主成分でもあるアルカリ性の物質で、従来から新型コロナウイルスに対する消毒に使用されていますが、人体への刺激性が強いため、間違えないよう表示を十分にご確認ください。

1.新型コロナウイルスに対する「次亜塩素酸水」の有効性について

 新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性を検証している独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、令和2年6月26日、「新型コロナウイルスに対して一定の濃度以上の次亜塩素酸水が有効であることが確認された。」と発表しました。

 なお、「次亜塩素酸水」については、一般的な消毒用アルコール類(エタノールなど)と使用方法や注意事項が異なりますので、次の『「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項(PDF)』をご確認ください。

○経済産業省「厚生労働省・消費者庁と合同で、新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について取りまとめました」(外部サイトへ)

○独立行政法人製品評価技術基盤機構「新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告をとりまとめました。~物品への消毒に活用できます~」(外部サイトへ)

2.「次亜塩素酸水」の噴霧について

 世界保健機構(WHO)は、「屋内空間では、噴霧や霧化(燻蒸、ミスト散布とも)による環境表面への消毒剤の日常的な適用は、新型コロナウイルスについては推奨されない。また、消毒剤の噴霧は、目、呼吸器または皮膚への刺激、及びそれに伴う健康への影響を引き起こすリスクをもたらす可能性がある。」との見解を示しています。

 また、厚生労働省は、空気中のウイルス対策として、「新型コロナウイルスなどの微粒子を室外に排出するためには、こまめに換気を行い、部屋の空気を入れ換える事が必要。」としている他、「消毒剤や、その他ウイルスの量を減少させる物質について、人の眼や皮膚に付着したり、吸い込むおそれのある場所での空間噴霧はおすすめしない。」としています。

○厚生労働省「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)」(外部サイトへ)

 なお、「次亜塩素酸水」の噴霧使用について、経済産業省のホームページに掲載されている『新型コロナウイルス対策における「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(ファクトシート)』をご確認のうえ、空間噴霧については十分注意してください。

3.「次亜塩素酸水」の製造販売及び広告について(「次亜塩素酸水」等を製造又は販売、配布する方へ)

 「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」において、人の疾病の診断、治療又は予防を目的とする物は、医薬品又は医薬部外品(以下「医薬品等」)となり、手指など人体への消毒を目的とする物についても、医薬品等に該当します。

 医薬品等を、製造・販売(無償での授与、配布を含む)する場合には、許可等が必要になります。

 また、医薬品等と認められていない物の広告において、医薬品的効能効果(消毒・殺菌等)や人体への使用を明示または暗示すると、薬機法違反になります。

 なお、広告には、容器等での表示の他、チラシ、口頭で伝えることも含みます。

 令和2年6月26日、経済産業省、消費者庁および厚生労働省から発表されました『「次亜塩素酸水」使い方・販売方法等について(製造・販売事業者の皆様へ)』も参考にしてください。

 ご不明な点がございましたら、保健福祉部 薬務課までご相談ください。