やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

少雨に対する農作物等管理対策

令和元年6月21日

徳島県立農林水産総合技術支援センター
高度技術支援課

徳島県では,少雨傾向が続いています。
少雨に対する農作物等の管理については,次の対策を参考としてください。
なお,農作業中の健康管理に注意し,作業を行ってください。

1 水稲

  1. 活着期以降は間断灌水を行い,畦畔からの漏水がないか水田を見回り,効果的な水管理を心がける。
  2. 有効茎数が確保できれば,中干しを行い適切な水管理に努める。
  3. 水量の少ない地域や面積の広い圃場は,入水に時間がかかるので,強い中干しはせず田面に細かい亀裂が入る程度の送水管理をする。

2 野菜

  1. 育苗中のイチゴは,定期的に適量のかん水を行う。
  2. オクラ,ナス等の果菜類は,老化葉や病害葉を早めに摘除するとともに,こまめに摘葉・摘芽を行い,不要な茎葉をなくす。不要な果実も早めに摘除する。また,樹勢低下を防ぐため液肥の葉面散布やかん注により養水分を有効に確保する。
  3. 葉物野菜は,圃場が乾燥すると,発芽不良,生育遅延が起こりやすくなるため,播種期と生育初期に重点的にかん水する。水が確保できない場合は播種を遅らせる。
  4. エダマメは,開花期から肥大期の水分要求量が大きいので,ほ場が乾燥する場合には,畦間かん水を行う。
  5. かんがい設備が整備されているサツマイモほ場等では、定期的に適量のかん水を行う。
  6. 水が十分確保できない場合は,夜間にかん水する。播種時または定植時には,特に重点的にかん水する。
  7. マルチの上や通路に敷きわら・敷き草等を行い,土壌の乾燥を防ぐ。
  8. 乾燥するとハダニ,アブラムシ等が発生しやすいので早期防除に努める。

3 果樹

  1. 草生栽培園は,除草を行って土壌水分の競合を防ぐ。
  2. 樹幹下に敷きわら,敷き草等を行い,土壌の乾燥を防ぐ。
  3. 特に,今年植えた苗木や樹勢の弱った樹は,乾燥防止に努める。
  4. 水が確保される地域では,定期的にかん水する。
    1. 水量が少ない場合は,細根の多い樹幹下にスポット(部分)かん水する。スポットかん水は,表土を軽く取り除き,土中にかん水ノズル等を差し込んで,効率的に細根部にかん水する。(スポットかん水の目安:1樹当たり10リットル以上×2~4カ所程度)
    2. かん水は,蒸散しやすい日中を避け,気温の下がった夕方に行う。
    3. かん水部には,必ず敷きわら,敷き草等をして,土壌の乾燥を防ぐ。
  5. ハダニ類,ミカンサビダニ等が発生しやすくなるため,適正に防除する。柑橘類に葉水かん水をする場合は,黒点病が発生しやすくなるため,留意する。

4 花き

  1. 水が不足している地域では,敷き草等を行い,土壌の乾燥を防ぐ。
  2. 生育中のケイトウ,キク等の露地花きは,水分不足により草丈の伸長不良を 起こしやすくなるので,かん水に努め適湿を保持する。

5 家畜

  1. 密飼いを避けるとともに,飲水を確保する。
  2. 畜舎は,日陰の側の窓やサイドカーテンは全面開放し,通風に努める。よしずや寒冷紗等で直接日光をさえぎるとともに,扇風機,ポリダクト等を設置し,送風換気に努める。
  3. 飼料作物は,可能であればうね間かん水を行う。
徳島県農作物管理対策問い合わせ先一覧
所属 管轄区域 住所 電話
高度技術支援課 全県域を担当 名西郡石井町石井字石井1660 088-674-1922
徳島農業支援センター 徳島市,小松島市,勝浦郡,名西郡,名東郡 徳島市新蔵町1丁目67 088-626-8771
鳴門藍住農業支援センター 鳴門市,板野郡 板野郡藍住町東中富字朏傍示29 088-692-2515
阿南農業支援センター 阿南市,那賀郡 阿南市富岡町あ王谷46 0884-24-4182
美波農業支援センター 海部郡 海部郡美波町奥河内字弁才天17-1 0884-74-7491
吉野川農業支援センター 吉野川市,阿波市 吉野川市川島町宮島字南中須736-1 0883-26-3971
美馬農業支援センター 美馬市,美馬郡 美馬市脇町猪尻字建神社下南73 0883-53-2314
三好農業支援センター 三好市,三好郡 三好市池田町字マチ2415 0883-76-0654

受付時間 8:30~17:00(土曜日,日曜日,祝日を除く)