やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県内の土地改良区

徳島県内の土地改良区の概要

1.土地改良区とは

・土地改良区(愛称:水土里ネット)は、土地改良法(昭和24年6月6日法律第195号)に基づく土地改良事業を施行することを目的として、県知事の認可を受け設立した農業に携わる人たちの組織です。

・主に、土地改良施設(農業用用排水路,用排水機場やため池など)を作ったり、維持管理を行っています。
・土地改良区の数は、合併、解散、農地面積の縮小等により年々統合整備され、平成31年3月現在で122となっています。

2.水土里ネットとは

・土地改良区の愛称です。

・「水」は農業用水・地域用水など、「土」は土地・農地・土壌など、「里」は農村空間・生活空間など、そして「水土里」で豊かな自然環境、おいしい水きれいな空気など清廉なイメージを表現しています。

・「ネット」は日本中に張り巡らされた総延長40万kmにも及ぶ用水路等施設を意味しています。

3.県内の土地改良区

・名簿は、添付ファイルのとおりです。
土地改良区の名称・設立年月日・関係市町村・地区面積(ha)・組合員数を記載しています。(平成31年3月31日現在)