やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

愛玩鳥飼養者のみなさんへ

鳥インフルエンザの発生を防ぐために

鳥インフルエンザは、一旦発生すると発生農場はもとより、周辺農場にも大きな被害をもたらします。

本病の発生を防止するために以下の予防対策を徹底してください。

1 外部からのウイルス侵入防止対策

  • 飼養鳥の健康状態の観察
  • 部外者を鶏舎に近づけない・他人の鶏舎に近づかない
  • 野鳥との接触を避ける:防鳥ネットの設置、庭先での放し飼いをやめ、鶏舎内で飼う等
  • 飼養場所の定期的消毒:地面の消石灰散布、鶏舎内の消毒薬散布等
  • 衛生害虫の駆除
  • 飲水消毒の徹底(谷水等を使用している場合)
  • 発生国(中国等)への旅行の自粛
  • ハトレース・品評会等への出席を控える

2 消毒について

鳥インフルエンザウイルスは、熱や消毒薬に弱く、通常の消毒薬で効果がありますが、用途によっては有効薬剤をご使用ください。

なお、薬剤により使用法が多少ことなりますので、使用にあたっては、獣医師、薬局販売店にご相談ください。

(消毒薬の用途別使用例)

○逆性石けん

 鶏舎・鶏体の消毒

 飲水の消毒

 踏み込み消毒槽

 手洗い消毒

 器具・機材消毒

○有機リン系殺虫剤:害虫駆除

○クマリン系殺鼠剤:殺鼠剤

○消石灰:地面の消毒

3 主な症状

鳥インフルエンザに感染すると、つぎのような症状がみられる場合があります。

注:写真のような病変は、急に死んだ例ではみられないときもあります。

  • 突然の死亡率増加
  • 呼吸器症状
  • 産卵率の低下、停止
  • 神経症状
  • 下痢
  • 沈鬱、食欲低下
  • とさかの出血、壊死(写真1)
  • 顔面の腫れ(写真2)
  • 脚部の出血(写真3)
(写真1)とさかの出血・壊死
(写真2)顔面の腫れ
(写真3)脚の皮下出血

4 届出・相談先

死亡鳥や元気・食欲の低下した鳥が増加するなど、異常がみられた場合には、最寄りの家畜保健衛生所にご連絡ください。

徳島家畜保健衛生所 電話:088−631−8950 ファクシミリ:088−631−8938
徳島家畜保健衛生所 阿南支所 電話:0884−22−0304 ファクシミリ:0884−22−2225
西部家畜保健衛生所 (吉野川庁舎) 電話:0883−24−2029 ファクシミリ:0883−24−1397
西部家畜保健衛生所 (東みよし庁舎) 電話:0883−82−2397 ファクシミリ:0883−82−4843
徳島県畜産振興課 電話:088−621−2419 ファクシミリ:088−621−2857