やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

東京2020オリンピック カンボジア代表チーム 事前キャンプに関する協定を締結しました!

徳島県とカンボジアオリンピック委員会は、2019年2月3日(日)、東京2020オリンピック事前キャンプを徳島県において実施することについて合意し、「東京2020オリンピック カンボジア代表チームの事前キャンプに関する協定」を締結しました!

また、同時に、この協定に基づき、徳島県とカンボジア水泳連盟は、2020年の東京2020オリンピック事前キャンプ及び2019年の強化キャンプを実施することについて合意し、「東京2020オリンピックに向けたカンボジア水泳代表チームキャンプの実施に関する基本協定」を締結しました!

締結式には、徳島ホストタウン特使として、カンボジアと徳島県の架け橋となっていただいた徳島商業高校の皆さんにもご参加いただきました。

徳島県における東京2020オリンピック事前キャンプの決定は、ドイツ柔道代表チームに続き、今回が2件目です。

東京2020オリンピック カンボジア代表チーム 事前キャンプに関する協定締結式
東京2020オリンピック カンボジア代表チーム 事前キャンプに関する協定締結式

締結者

□「東京2020オリンピック カンボジア代表チームの事前キャンプに関する協定」

 カンボジアオリンピック委員会 委員長 トン・コン(Thong Khon)

 徳島県知事 飯泉嘉門

□「東京2020オリンピックに向けたカンボジア水泳代表チームキャンプの実施に関する基本協定」

 カンボジア水泳連盟 会長 スン・チャントール(Sun Chanthol)

 徳島県知事 飯泉嘉門

これまでの経緯

  • 2013年~ 徳島県立徳島商業高校とカンボジア・日本友好学園が連携し、カンボジアの特産品を使用したお土産開発プロジェクトを共同で実施するなど、友好協定を結んで学校交流を行う
  • 2017年12月 カンボジアを相手国としたホストタウンとして本県が登録
  • 2018年8月 徳島県知事が徳島商業高校の校内模擬会社ComComを徳島ホストタウン特使に任命
  • 2018年9月 外務省主催のJENESYS2018招へいプログラムにおいて、カンボジア水泳連盟の選手・コーチが来県し、県内選手や徳島商業高校の生徒との交流を実施