やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「阿波藍」魅力発信展覧会2021開催

東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムに藍色が採用され,令和元年度には「阿波藍」のストーリーが日本遺産に認定されるなど,国内外から藍に対する機運が高まっている中,2025年に開催される「大阪・関西万博」を見据え,県民の藍に対する理解と関心を深めるとともに,本県の藍産業の振興と発展を図るため,「阿波藍」魅力発信展覧会2021を開催いたします。

1.開催日程

令和3年12月17日(金)~令和3年12月19日(日)午前9時30分~午後5時

2.開催場所

あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)

〒770-0835徳島市藍場町2丁目14

3.入場料

入場無料(1階エレベーター前にて受付を行ってください)

4.主催

徳島県

5.共催

一般社団法人藍産業振興協会

6.協力

藍のふるさと阿波魅力発信協議会、一般社団法人日本甲冑武具研究保存会近畿支部、大谷焼陶業協会、学校法人上田学園 上田安子服飾専門学校、学校法人京都外国語大学国際文化資料館、学校法人四国大学、熊本県、国立大学法人徳島大学、財団法人小原流徳島支部、徳島県手工芸家協会、徳島現代クラフト協会、未生流笹岡徳島県支部長(五十音順)

7.後援

一般社団法人徳島新聞社、四国放送株式会社、NHK徳島放送局

8.展示内容

9.講演内容

テーマ:野老朝雄氏、永原レキ氏、くまモンによる藍の魅力発信
日時:12月18日(土)13:00~(開場:12:30)
定員:100名(先着順)

東京オリンピック・パラリンピック公式エンブレムデザイナー野老朝雄氏と永原レキ氏による様々な藍の魅力や取り組みについての対談を実施。また,阿波おどりに大きな影響を与えたとされる牛深ハイヤなど歴史や文化的な繋がりのある熊本県からは、くまモンに登場いただく。