やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

【開催中止】TOKUSHIMA藍サミット2020inTOKYO

本イベントは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、開催を中止することとなりましたのでお知らせします。

御来場を予定されていた皆様には多大な御迷惑をおかけしますことを、心からお詫び申し上げます。

趣旨

 本年は、公式エンブレムに「藍色」が採用されている「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」が開催されることから、東京・日本橋において、「TOKUSHIMA藍サミット2020inTOKYO」を開催し、国内外で藍に関わる方々と共に魅力を発信することにより、日本遺産にも認定された「阿波藍」の認知度向上を図り、藍文化の継承と藍産業の振興につなげます。

日時

令和2年3月5日(木曜日)午後1時30分から午後4時30分まで

(開場は午後1時)

場所

コングレスクエア日本橋

2階コンベンションホールA・B

(東京都中央区日本橋1ー3ー13)

開催内容

●オープニング「藍を用いた書道パフォーマンス」

 学校法人四国大学文学部書道文化学科

●主催者挨拶及び「阿波藍」の歴史についてプレゼンテーション

 徳島県知事飯泉嘉門

●トークショー「『阿波藍』の新たな展開について」

 野老朝雄氏(美術家)

 永原レキ氏(inBetweenBlues代表)

(休憩)

●フォーラム「国内外の作家から見た『阿波藍』の魅力について」

 ファシリテーター:田村耕一氏(株式会社阿波銀行地方創生推進室参事役)

 登壇者:

 【徳島県】古庄紀治氏(有限会社古庄染工場代表取締役)

 【山形県】諏訪好風氏(野々花染工房有限会社会長)

 【東京都】村田徳行氏(藍染工房壺草苑工房長)

 【京都府】青木正明氏(天然色工房tezomeya代表)

 【宮崎県】秋山眞和氏(綾の手紬染織工房代表)

 【台湾】卓子絡氏(卓也小屋デザインディレクター)

●講評

 野老朝雄氏

●交流会(藍を用いたお茶とお菓子を提供)

参加費

無料

申込方法

メール、ファクシミリ又は郵送により、2月25日(火曜日)までに次のとおりお申し込みください。

●必要事項:氏名、住所、所属名、電話番号又はメールアドレス

●申込先:徳島県商工労働観光部観光政策課

  住所:郵便番号770ー8570徳島県徳島市万代町1ー1

  電話:088ー621ー2356

  ファクシミリ:088ー621ー2851

  メールアドレス:kankouseisakuka@pref.tokushima.jp

コングレスクエア日本橋