やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「性的マイノリティ」学校教育支援スッタフ派遣事業について

 県教育委員会では,性的マイノリティへの理解を深め,多様な性を認め合う心を育てる教育を推進し,一人一人の児童生徒に応じたきめ細やかな対応ができるよう取り組んでいます。この事業は,性的マイノリティに関する事案に対応するため,学校教育支援スタッフを市町村教育委員会や公立学校等に派遣し,研修や教育相談を行い,児童生徒が安心して学校生活が送れるよう支援することを目的としています。

派遣対象

本事業は,次に掲げる事項について,学校教育支援スタッフを派遣します。

(1)市町村教育委員会及び公立学校等が実施する研修に関すること

(2)授業に関すること

(3)教職員からの教育相談に関すること

(4)その他県教育委員会が認めるもの

派遣手続

 学校教育支援スタッフの派遣を希望する場合は,次の「派遣事業実施要綱・派遣申請手順」(PDFファイル)をご確認いただき,事前に人権教育課と協議をした後,学校教育支援スタッフと日程・内容等について打合せの上,「派遣申請書」を人権教育課へ,「派遣依頼書」をスタッフへ提出してください。また,事業終了後に「実施報告書」と「実施アンケート」を人権教育課に提出してください。なお,学校教育支援スタッフについては,人権教育課までお問い合わせください。