やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「徳島県消費者教育推進計画」を変更しました。

■改定の趣旨

本県では、平成26年3月に「徳島県消費者教育推進計画」を策定し、「消費者の安全・安心の確保と消費者トラブルへの迅速な対応」、「自立した消費者の育成」を基本方針としてライフステージに即した体系的な消費者教育を推進してきました。

現計画は平成30年度から平成34年度までを計画期間としていますが、最新の情勢を踏まえた新たな課題への対応などを計画に位置づけることとし、この度、計画の変更を行いました。

計画の推進には、県民の皆様の参加が不可欠です。みんなで学び、伝え合い、とくしまの消費者力を高めましょう。

■計画期間

平成30年度~令和4年度(5年間)

■計画の主な内容

(1)基本理念

社会の変化を見据え、消費者市民としての自覚・責任を持ち、主体的に行動できる消費者を育成し、「徳島モデル」の消費者教育を全国・世界に発信。

(2)基本方針

 ・ライフステージに応じた消費者教育の推進

 ・社会情勢の変化に対応した消費者教育の推進

 ・人や環境、社会、SDGsを意識した消費行動の推進

 ・消費者教育の担い手の育成・活用

 ・消費者の安全・安心の確保に対する体制の構築

 ・消費生活センターの機能強化

 ・「徳島モデル」の消費者教育の推進

■今後の取組

関係機関・団体等と地域の人材との連携を強化しながら、消費者教育を推進して参りますので

県民の皆様のご協力をお願いいたします。