やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「水素社会の実現」に向けた取組み(令和2年度)

令和2年度

「全国初」燃料電池パトカーの運用開始!

 本県では、「地方発の水素社会」実現に向け、「水素エネルギー」の普及啓発に取り組んでおり、この取組みの一環として、令和2年4月6日(月)「令和2年春の全国交通安全運動における街頭活動出発式」において、燃料電池パトカー贈呈式を行いました。

 この車両は、県内トヨタディーラー4社のご協力により、寄贈いただいた燃料電池自動車「MIRAI」をパトカー仕様に改造したものです。

贈呈式において、記念キーを手交
燃料電池パトカーと白バイ隊が街頭広報に出発

 また、4月14日(火)には、徳島板野警察署において、このパトカーのラッピングデザインに選ばれた藍住東小学校5年 形部 琉空夢(かたべ るくむ)さんの表彰式を行いました。

詳しくはこちらをご覧ください。

全国初「燃料電池パトカー」のラッピングデザインの決定について!!

表彰状の贈呈

 今後は、県内各地で開催される警察広報活動にあわせた水素エネルギーの普及啓発や、災害発生時における信号機への電力供給をはじめとした非常時における活用検討など、県民の皆様の身近なところでの運用を図って参ります。

令和2年度の燃料電池自動車普及促進事業補助金を募集します!

本県では、水素エネルギー社会の構築を推進するため、走行時にCO2を排出せず、災害時の非常用電源としても利用可能な燃料電池自動車(FCV)の普及促進を図ることを目的として、平成27年度より燃料電池自動車の購入経費に対し補助(1台あたり上限100万円)を行っております。

今年度の募集期間:令和2年6月1日(月)~令和3年2月26日(金)

募集台数:2

※予算の上限額に達した場合は、上記期間に関わらず募集を終了します。

詳しくはこちらをご覧ください。

燃料電池自動車(FCV)普及促進事業補助金の募集について

関連ページ