やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

全国初「燃料電池パトカー」の運用開始について

「地方発の水素社会」実現に向けた本県の取組みの一環として,あらゆる場面を活用した「水素エネルギー」の普及啓発を図り,県民の皆様に水素をより身近に感じていただくため,導入に向け準備を進めてきました全国初の「燃料電池パトカー」が完成し,令和2年度から運用を開始します。

本格的な運用の開始に先立ち,「令和2年春の全国交通安全運動街頭活動出発式」において,県警白バイ隊とともに,街頭指導,街頭広報活動へ出発します。

令和2年春の全国交通安全運動街頭活動出発式

1 目的
 令和2年4月6日から10日間実施する「春の全国交通安全運動」の初日に県庁において街頭活動出発式を行い,広く県民に周知し,県民各層の交通安全意識の高揚を図る。

2 主催
 徳島県・徳島県交通安全対策協議会

3 日時・場所
 令和2年4月6日(月)午前10時から
 県庁正面玄関前広場(雨天の場合は県庁玄関ホール)

4 主な実施内容
 ・ランドセルカバーの寄附に対する感謝状贈呈
 ・燃料電池自動車「ミライ」の贈呈式
 ・燃料電池パトカー,県警白バイ隊の街頭指導出発式