やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「水素社会の実現」に向けた取組み(令和元年度)

令和元年度

県総合防災訓練でFCVの外部給電機能をPR!

令和元年9月1日(日)に徳島県阿南市で開催された県総合防災訓練2019では、これまで毎年実施していたFCVの展示、外部給電デモンストレーションに加え、「被災家屋への電力供給訓練」にも参加しました。

訓練では、FCVからの電力で投光器を作動させ、被災現場での作業支援を行うことで、FCVが災害時にも活躍する「走る発電所」であることを、多くの参観者へPRできました。

今年度も「水素社会啓発・体験ゾーン」が大活躍!

燃料電池自動車や水素ステーションに触れる機会を創出し、究極のクリーンエネルギー「水素」の普及啓発を実施するため、県庁舎敷地内に整備した「自然エネルギー由来・水素ステーション」を核とした『水素社会啓発・体験ゾーン』が今年度も大活躍しています。

夏休み期間中は、特に多くのご要望をいただき、すだちくんテラスや県庁ふれあいバスの参加者の皆様、県庁インターンシップ研修に参加者の皆様など200名近くの方にご覧いただき、水素エネルギーの環境性や県の取組みについてPRを行いました。

全国初の燃料電池パトカーの導入へ!

本県では、「地方発の水素社会」実現に向け、あらゆる場面を活用した「水素エネルギー」の普及啓発に取り組んでおり、この取組みの一環として、県内トヨタディーラー4社の御協力のもと、全国で初めて燃料電池自動車「MIRAI」をパトカーとして導入することとなりました。

今年度に必要な装備の搭載などを行い、来年度当初の運用開始を目指しています。

また、このパトカーが多くの県民の皆様に親しまれ、環境にやさしい未来を感じられる車両となるよう、児童を対象としたラッピングコンテストも募集しています。(応募〆切:9/17)

詳しくはこちらをご覧ください。

「水素で走る未来のパトカー!ラッピングデザインコンテスト」の作品募集について!!

令和元年度の燃料電池自動車普及促進事業補助金を募集します!

本県では、水素エネルギー社会の構築を推進するため、燃料電池自動車(FCV)の普及促進を図ることを目的として、平成27年度より燃料電池自動車の購入経費に対し補助(1台あたり上限100万円)を行っております。

今年度の募集期間:令和元年8月1日(木)~令和2年2月28日(金)

募集台数:2

※予算の上限額に達した場合は、上記期間に関わらず募集を終了します。

詳しくはこちらをご覧ください。

燃料電池自動車(FCV)普及促進事業補助金の募集について

関連ページ