やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「地球にいいことはじめよう!エンジョイECOフォーラム」を開催しました

美しい地球環境を守り次の世代に継承していくために、若者からお年寄りまで、環境活動をはじめるきっかけとしていただくことを目的として、フォーラムを開催しました。

とくしまエコパートナー協定締結式」、様々な環境問題に功労があった方への「表彰式」、徳島県で環境活動を行われている企業・団体の「事例発表」、また元女子バレー全日本エースアタッカーであり、現在はJOCスポーツ環境アンバサダーとして、地球環境のため啓発活動を推進している大林素子様の「講演会」と、盛りだくさんの内容で、およそ110名の方々にご参加いただきました。多くのご参加、ありがとうございました。

※本フォーラムは、全国モーターボート競走施行者協議会からの拠出金を受けて実施したものです。

開催内容

第1部

とくしまエコパートナー協定締結式

県と連携して気候変動対策に取り組んでいただける企業・団体との間で協定を締結する「とくしまエコパートナー協定締結式」を開催いたしました。

協定締結式
とくしまエコパートナー協定締結式

表彰式・認定証交付式

・地域環境保全・美化など、環境に関するあらゆる分野で長年にわたり活動を継続し、他の模範となり、推奨される個人、団体を表彰する「とくしま環境賞表彰

・気候変動対策の推進を図るため、事業活動における温室効果ガス排出抑制に積極的に取り組み、他の事業者の模範となる事業者を表彰する「気候変動アワード表彰

・県内で発生する廃棄物を利用して製造される優良リサイクル製品や、3Rの推進に積極的・模範的に取り組んでいる事業所を認定する「徳島県リサイクル認定制度 認定証交付

・県民総活躍による脱炭素社会の実現に向け、特に次の世代を担う若者に環境問題への関心を高めてもらい、環境行動の実践につなげていく契機とするため、親しみやすいマンガと写真の募集を行った中で、優秀な作品を表彰する「環境マンガコンテスト、実はECO!?写真グランプリ表彰

・中小企業者等の環境への取組を促進するための環境マネジメントシステムに長年取り組まれている事業所に感謝状を贈呈する「エコアクション21感謝状贈呈

・環境の保全や創造に関して顕著な功績のあった個人、事業者、団体を表彰する「とくしま環境県民会議表彰

・徳島県学生地球温暖化防止活動推進員として環境啓発活動に活躍した大学生を表彰する「記念セレモニー

とくしま環境賞表彰式
とくしま環境賞表彰
気候変動アワード表彰式
気候変動アワード表彰
徳島県リサイクル認定
徳島県リサイクル認定認定証交付式
環境マンガコンテスト・実はECO写真グランプリ表彰式
環境マンガコンテスト・実はECO写真グランプリ表彰
エコアクション21感謝状
エコアクション21感謝状贈呈
とくしま環境県民会議
とくしま環境県民会議表彰
学生記念セレモニー
記念セレモニー

第2部

企業・団体事例発表

・「ひょうたん島周遊船の脱炭素化を目指して」発表者:特定非営利活動法人新町川を守る会 会員 池田良一氏

新町川を守る会としての活動内容や太陽光発電を利用して動く「ソーラー遊覧船」の紹介をいただきました。

・「四国初となる商用の移動式水素ステーション運用」発表者:四国大陽日酸株式会社 常務取締役 篠原和伸氏

四国大陽日酸としての「移動式水素ステーション」をはじめとした水素エネルギー普及への取り組み、国内の水素エネルギーの動向についてお話をいただきました。

事例発表1
特定非営利活動法人新町川を守る会
事例発表2
四国大陽日酸株式会社

環境講演会

大林素子氏「スポーツと環境」

身近な環境問題や、ご自身のオリンピックやJOCスポーツ環境アンバサダーとしてのご経験を踏まえながら、いよいよ来年に迫った東京オリンピックの展望などについてお話しいただきました。

【ご略歴】

中学1年からバレーボールを始め、中学3年の時に東京都中学選抜に選出される。その後、高校バレーボール界の名門八王子実践高校に進む。86年日立入社、88年ソウル五輪、92年バルセロナ五輪に出場する。95年にイタリアセリエA・アンコーナに所属、日本人初のプロ選手となる。帰国後、東洋紡オーキスに所属、96年アトランタ五輪出場後、97年に引退する。

現在、JOC環境アンバサダー、福島県・しゃくなげ大使、会津若松観光大使、JVA(日本バレーボール協会)、広報委員観光庁「スポーツ観光マイスター」、オリンピックデーラン・アンバサダー、小平市観光まちづくり大使にご就任

講演会