やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「徳島県水素グリッド導入連絡協議会(第3回会合)」の概要について

開催概要

徳島県では、水素社会実現の第一歩となる「燃料電池自動車(FCV)の普及」と「水素ステーションの整備」を加速化するため、平成27年1月に「徳島県水素グリッド導入連絡協議会」を設置し、同年3月にはFCVや水素ステーションの普及目標を「徳島県水素グリッド構想(中間報告)」としてとりまとめました。

このたび、徳島県における「水素社会の実現」に向けた道筋を県民の皆様に目に見える形でお示しするため、本県の2030年における水素社会を展望した「ロードマップ」をはじめ、エネルギーの「地産地消」に向けた施策展開や、災害時における「非常用電源」としての活用方針などを盛り込んだ「徳島県水素グリッド構想(最終報告)」の策定に向け、第3回会合を開催しましたのでお知らせします。

  • 日時:平成27年8月11日(火)13時30分~14時30分
  • 場所:徳島グランヴィリオホテル1階ヴィリオルーム
  • 議事:徳島県水素グリッド構想(最終報告)について

会議資料はPDFファイルを開いてご覧ください。

委員一覧

会議資料等

平成27年8月11日(火)