やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

犯罪の防止に配慮した住宅を創りましょう!

 徳島県では、「徳島県安全で安心なまちづくり条例」に基づき、共同住宅及び一戸建住宅について、犯罪の防止に配慮した構造、設備等に関する事項等を示した「犯罪の防止に配慮した住宅の構造、設備等に関する指針」を定めています。

 住宅の新築や改修にあたっては、当指針を参考に、「周囲からの見通しの確保」や「犯罪企図者の接近の制御」、「破壊されにくい部材や設備等の採用」、「共同住宅におけるコミュニティ形成」などについて、配慮した計画や設計に努めてください。

防犯性の高い建築部品について

 防犯性の高い建築部品について、「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」の試験に合格した部品の目録が公開されていますので、部材や設備等の選定の参考にしてください。(合同会議の目録検索システムへのリンクはこちら(外部リンク))