やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島国際映画祭2019(第2会場)上映スケジュール及び上映作品について

 本年3月開催予定の「徳島国際映画祭2019」の上映スケジュール及び上映作品について、ご案内します。

 ※一部調整中のものについては、決定次第、続報いたします。

 ※また、都合により、上映内容や日時に変更が生じる場合があります。

 ※徳島国際映画祭2019についてはこちら

■徳島国際映画祭2019について

  • 主催
    「vs東京」実践委員会(会長:飯泉嘉門 徳島県知事)
  • 開催日程
    平成31年3月8日(金)~10日(日)までの3日間
    ※7日(木)は「イオンシネマ徳島」にて前夜祭(上映)実施

【2日目・第2会場(4階大会議室)】

■ 城東高校演劇公演

日時:平成31年3月9日(土)10:00~11:00

○ソサエティー4.1 作 よしだあきひろ

 すべてのものがデータ化され、付加価値をつけられ、繋がっていく技術は、日々の暮らしを根本的に変えるらしい。狩猟社会が農耕社会になるように。音もなく進む、世界のありようと、私。

 出演:城東高校演劇部

■ 演劇トーク

日時:平成31年3月9日(土)11:15~11:45

○ トークライブ 山田由梨×城東高校演劇部

山田由梨(劇作家、演出家、俳優)

 1992年生。劇団贅沢貧乏主宰。立教大在学中の2012年に「贅沢貧乏」を旗揚げ。

 主な代表作に『フィクション・シティー』(2017年東京芸術劇場シアターイースト、第61回岸田國士戯曲賞ノミネート)、『みんなよるがこわい』(2015年初演、2017年中国3都市ツアー)など。自身も役者として映画・ドラマ・CMなどに出演するほか、エッセイや小説の寄稿など活動の幅を広げている。

Photo:Kengo Kawatsura

【2日目・第2会場(5階小ホール)】

■ 演劇公演

日時:平成31年3月9日(土)12:45~13:45

○贅沢貧乏「みんなよるがこわい」

作・演出:山田由梨

出演:田島ゆみか 大竹このみ 青山祥子 平田薫

 「世界の流れは、いつでも早くて、ついていけてない自分がとてもひとりだと感じたりする。そんなひとりの夜は大抵ろくなことにならなくて、ひどい気持ちになるものだ。ひどい夜。でもそれも全部「虫」のせい。彼らに惑わされているだけなのだ。」岸田國士戯曲賞ノミネート作家・山田由梨による、贅沢貧乏『みんなよるがこわい』。 コミカルな会話劇で現代の若者が抱える問題に切り込んだ話題作が東京・横浜・海外ツアーを経て徳島に初上陸!

Photo:Hako Hosokawa

【2日目・第2会場(4階大会議室)】

■ 札幌スペシャルトーク

「物語(story)の他メディア展開の可能性:~テレビ/コント/映画/舞台~」

日時:平成31年3月9日(土)14:00~15:15

○トークライブ

○特別上映「聞き込み 監督 富澤たけし」

 サンドウィッチマンのお笑い作品を映画化。ネタそのものは短い作品ですが、シリアスでアクションシーンもある刑事ドラマになりました。若い刑事の犯人を追い詰める姿と、先輩女性刑事へのちょっぴり淡い恋模様。そしてサンドウィッチマンの伊達さんのアドリブ満載の演技にも注目してください。

■ 徳島スペシャルトーク「徳島映画制作の世界へact.3」

日時:平成31年3月9日(土)15:30~16:30

○トークライブ

■ 徳島セレクション2

上映日時:平成31年3月9日(土)16:45~18:30

1 桜谷小学校、最後の174日 監督 小原穣

2 林こずえの業 監督 蔦哲一朗

3 COCO TATTA 監督 藤代雄一朗

【3日目・第2会場(4階大会議室)】

■ 徳島セレクション3

上映日時:平成31年3月10日(日)10:00~11:00

1 酒蔵の三姉妹 監督 蔦哲一朗

 徳島県三好市にある酒蔵『三芳菊』の三姉妹が、新酒を仕込んで“四国酒まつり”で販売するまでを追ったドキュメンタリーPR動画。

2 夏がくれた君との奇跡 AWA’S LIFE OUR LIFE

監督 加登屋寛、早瀬志都加、松永好史

 徳島県阿波市の高校に通う女子高生、風花(ふうか)がサッカー部のエース、大地(だいち)に淡い恋心を抱く青春ストーリー。

 この町に住めばこんな恋の奇跡を体験できるかも?

3 奇跡の恵み 阿波市

監督 加登屋寛、早瀬志都加、松永好史

 自然が生み出す奇跡の恵みと美しい光景、そして何気ない日常の中にあるのどかな風景。

 このおだやかに流れる時間の中で暮らすあなたを想像してみてください。

4 移ろいに香るくらしのまち いしい

監督 山本耕司(四国大学)

 石井町の素晴らしい自然・伝統・物産などを映像にすることで広く町内外に発信するため、石井町と連携協定を締結した四国大学に、石井町のPR動画を制作していただきました(秋・冬Ver.)。

5 DANCE IN ANAN ~燕~

監督 松尾佳典

 「私」に送られた手紙を読んで、故郷の景色に思いをはせる。

 それぞれに「あの頃」と「今」を重ね合わせながら観ていただければと思います。

6 ここはあなたの町

監督 佐藤全俊

 つるぎ町のいたってふつうの景色を1年間撮影した記録映像に、この地域の自然や文化を活かし生活する移住してきた2人のインタビュー。

 つるぎ町からあなたへの手紙。

7 「四国の右下」4K動画

監督 野村朋子(株式会社えんがわ)

 「四国の右下」に実際に移住された移住者や地元住民等が「四国の右下」での暮らしや働き方について臨場感を持って伝えます。

 具体的には、移住者や地元住民等が、農林水産業に取り組んでいる真剣な姿、活気ある姿をとらえるとともに、インタビューでは、移住者が「まわりから話しかけてくれる」、「みんなが家族」などといった暮らし・子育て環境の魅力について語っています。

8 Turn Up 徳島 徳島から生まれるITの未来へ

監督 中川貴史(GEMSMILE)、中西昌子(ムツビエージェント)

 徳島県へのIT移住転職を支援するプロジェクト「Turn Up 徳島」によるムービーです。

 徳島で活躍するITリーダーの声や、移住後の生活を感じられるシーンより、新たな徳島を目指す姿を描いています。

9 OTSUKA MUSEUM OF ART 監督 岡田玲央(ニタコンサルタント)

 鳴門市にある世界初の陶板名画美術館「大塚国際美術館」の紹介プロモーションビデオです。

 クレジットなど文字情報を省き、色彩豊かな展示作品と陶板の繊細な質感を紹介します。

10 TOKUSHIMA H2 CHALLENGE

監督 岡田玲央(ニタコンサルタント)

 究極のクリーンエネルギー「水素」の活用が地球温暖化対策の切り札として注目される中、燃料電池自動車の普及拡大など、水素社会の実現に向けた徳島県の取組みを紹介します。

■ コマーシャルフォトプレゼンツ 地域動画スペシャルセミナー

日時:平成31年3月10日(日)11:15~12:45

■ 台湾未来映像発展協会「台湾未来映画祭セレクション」

上映日時:平成31年3月10日(日)13:00~14:10

1 司祭

監督 張弘榤

 名儀はネイリストでアイリストでもあり、月嬌は専業主婦である。色々な事情のため、彼女たちは神の代弁者になった。

 この世界では性別を問わない。彼女たちは、使命と現実の衝突の中でどう生きるのか。

2 ミスファイヤ

監督 徐浩軒

 明日設備検査なのに、なぜ砲弾が余った!?

 キャプテンは余った砲弾を隠せと命令したが、突拍子もない兵士たちはやらかしてしまった。

 計画通りにいかず、キャプテンが怒ってしまう。どうすればいいの?

3 肝臓の大学

監督 陳冠廷

 臓器の世界では、「肝臓の大学」は全ての肝臓の目標である。

 卒業の条件は、真っ黒になること。

 黒いこそ正義の世界で、GANANは無事に卒業できるのか。

 この平和な大学の裏にどんな暗い秘密があるのか。

4 首席

監督 劉珈妤

 ダンサーのバイウェーは、常にライバルのアンチに対して恨みの気持ちと憎しみの気持ちを持っている。その嫉妬は、彼女を醜い怪物にさせてしまい、狂わせたのだ。

■ ふたごとうだつ(東京の姉篇・徳島の妹篇)【バリアフリー上映】

上映日時:平成31年3月10日(日)14:25~15:35

■ オープニング再上映

上映日時:平成31年3月10日(日)15:50~16:20

○クジラの骨 監督 福岡利武

 徳島のごっつい南の小さな漁村に暮らす夫婦の物語。ふたり暮らしの夫婦は、ゆったりと流れる時間の中で自由に暮らしている。海があり。魚を食べる。猫がいる。金はない・・・。そんなとき夫婦は、お遍路をしているという青年に海で出会うのだった。