やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

とくしま自治体行政「2030モデル」研究会

設置目的

 国全体で人口減少が進み、地方自治体においても若年労働力の不足が一層深刻な課題となることが想定される中、全国より早く高齢化・過疎化が進む徳島県において、75歳以上人口がピークを迎えるとされている「2030年」を見据えた自治体行政のモデルを構築することで「持続可能な社会づくり」に資することを目的としています。

委員一覧

令和2年9月4日現在
(敬称略)
氏名 任 命 基 準
荒木光二郎 公益財団法人徳島経済研究所専務理事
大田佳宏 Arithmer株式会社代表取締役社長兼CEO
大西康生 株式会社阿波銀行代表取締役副頭取
近藤明子 四国大学経営情報学部メディア情報学科助教授
関治之 一般社団法人CodeForJapan代表理事
田口太郎 徳島大学大学院社会産業理工学研究部社会総合科学域地域情報系准教授
中村武 トモニホールディングス株式会社代表取締役
横石知二 株式会社いろどり代表取締役
横道清孝 政策研究大学院大学理事・副学長
横山諒 徳島文理大学大学院総合政策学研究科総合政策学専攻修士課程1年(公募)

会議資料等

第1回:令和2年9月4日(金)

開催日時:令和2年9月4日(金)午後1時30分から午後3時30分まで

場所:ウェブ会議(県庁10階大会議室)

議題:

・地方自治体を取り巻く状況と徳島県の現状について

・研究会の進め方について