やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新型コロナウイルス感染症に関する自立支援医療の取扱いについて

自立支援医療の受給者証更新手続について

新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、更新申請のため診断書等の取得のみを目的とした受診を回避するため、厚生労働省は、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)施行規則」の一部を改正し、自立支援医療の受給者証の有効期間を1年間延長することとしました。

対象となる方

自立支援医療受給者証に記載されている有効期間(期限)が令和2年3月1日から令和3年2月28日までとなっている方。

令和3年3月1日以降に支給認定有効期間満了を迎える受給者の受給者証の取扱いについては、通常どおりの取扱いとなりますので、ご注意ください。

受給者証の取扱い

現在、お持ちの受給者証を引き続きご利用ください。

更新手続の取扱い

まだ、更新手続をされていない方につきましては、更新のための診断書等の書類を提出いただく必要はありません。

医療機関の皆様へ

上記受給者が受診した際に有効期間の切れた受給者症を提示した場合は、有効期間を1年延長したものと読み替えて御対応をお願いします。

上限管理票のページが不足する場合は、受診されている指定医療機関において、印刷し上限管理票に貼り付けてご対応をお願いします。