やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳の更新手続の臨時的な取扱いについて

全国的に新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念されており、不要不急の外出は自粛いただき、接触機会を低減させることが求められています。

そのため、精神障害者保健福祉手帳の更新手続に当たり、医師の診断書の提出が最大1年間猶予されます

しかし、診断書を提出せず更新手続をされた場合は、1年以内に診断書を提出しなければなりません。提出がない場合、お手持ちの手帳は無効となりますので、ご注意ください。

今回の措置は診断書の提出を一時的に猶予しているだけであり、提出自体を免除するものではないため追って診断書の提出が必要となりますので、定期的に通院されている方は、通常どおり申請書を添えて更新申請してください。

対象者

(1)(2)(3)のいずれも満たす方

(1)精神障害者保険福祉手帳をお持ちの方で医師の診断書により更新手続をされる方

(2)精神障害者保健福祉手帳の有効期限令和2年3月1日~令和3年2月28日までの方

(3)新型コロナウイルス感染症の影響により、医療機関を受診することが困難な方

注意事項

※更新申請書の提出は必要です。(市町村への郵送による申請も可能です。)

※年金証書等の写しを添付して申請される方は、通常どおり申請してください。

※すでに更新手続が完了している場合は、特に対応は必要ありません。

診断書の提出猶予であり、申請手続は必要となります。

自立支援医療(精神通院医療)と異なりますのでご注意ください。

・事務連絡「新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取扱いについて.pdf」