やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新型コロナウイルス感染症対策における歯と口の健康づくり

 新型コロナウイルス感染症の影響により、外出の自粛など、ストレスや生活環境の変化によってむし歯や歯周病をはじめ、歯科疾患に罹患しやすくなることが危惧されます。口腔内を清潔に保つことはウイルス感染予防にも有効です。

感染予防のための歯と口の健康管理

 お口の中が不潔な方や、歯周病の方は、腸内細菌のバランスが乱れて感染症にかかりやすくなります。しっかりブラッシングしてお口の中を清潔に保つとともに、健診の機会を活用するなど、歯周病の重症化予防が大切です。

歯周病に関する情報

口腔ケアで目指そう、健康!長生き!

 高齢になると、口腔の機能(噛む力や飲み込む力)の衰えにより、食事中にむせることが多くなります。口腔ケアが不十分の場合、誤嚥性肺炎を引き起こしたり、ウイルス性肺炎のリスクが高まります。日頃から歯や口の働きをよくし、噛む力を保てるように心がけましょう。

お口のケアのポイント

世代別の口腔ケアの注意点