文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「診療・検査協力医療機関」の各種手続きについて(医療機関向け)

「診療・検査協力医療機関」の指定について

 「診療・検査協力医療機関」の指定を受けるためには、下記を満たしており、かつ徳島県への申請が必要です。

(指定を受けると、県ホームページで医療機関名等が公表されます)

1.施設要件

〇施設要件の詳細については、次のとおりです。(詳細はこちら:外部サイト)

(1)発熱患者等が新型コロナウイルス感染症以外の疾患の患者と接触しないよう、可能な限り動線が分けられていること 。
(2)必要な検査体制が確保されていること(検査(検体採取)を地域外来・検査センター等に依頼する場合には、連携体制がとれていること)。
(3)医療従事者の十分な感染対策を行うなどの適切な感染対策が講じられていること。
(4)検査を行う場合には、県と行政検査の委託契約を締結していること。
(5)自院のかかりつけ患者及び自院に相談のあった患者である発熱患者等のみを受け入れる場合は、院内掲示を行う等、自院のかかりつけ患者に対して、発熱等の症状が生じた場合には、電話で相談した上で、自院で診療・検査可能である旨を周知すること。

2.報告事項

〇「診療・検査協力医療機関」として指定されている期間中は、日毎にG-MIS(医療機関等情報支援システム)及びHER-SYS(新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム)への必要な情報の入力が必要です。

・<G-MIS(医療機関等情報支援システム)に関すること:外部サイト

・<HER-SYS(新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム)に関すること:外部サイト

3.行政検査の委託契約

〇新型コロナウイルス感染症に係る検査を行う場合は、行政検査となるため、徳島県との契約締結が必要です。(検査にかかる診療報酬のうち患者の自己負担分を公費負担)

※医師会に所属している医療機関は、徳島県医師会への委任状の提出をもって契約締結となります。

 その他の医療機関は、感染症対策課までご相談ください。

「診療・検査協力医療機関」の各種手続きについて

 「診療・検査協力医療機関」に係る新規指定申請や指定内容の変更等の手続きは下記のとおりです。

1.新規指定

〇新規指定を希望する場合は、次の申請書様式を提出してください。

※申請は随時受け付けておりますが、感染状況の変化により、申請を締め切らせていただく場合があります。

2.指定内容の変更

〇「診療・検査協力医療機関」としての指定内容を変更する場合は、次の様式を提出してください。

 (徳島県ホームページでの公表に関する変更もこちら)

※変更届の「1 対応時間の変更」に変更がある場合は、指定変更通知書を送付します。

提出方法及び提出先

 メール又はファクシミリにて下記担当に提出してください。

 保健福祉部 感染症対策課 相談・検査担当

 FAX番号:088-621-2818

 メールアドレス:kansenshotaisakuka@pref.tokushima.jp