やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

第48回徳島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(4/27)の開催結果について ~GWを控えた対応を決定しました~

 4月27日(火)に第48 回徳島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、「ゴールデンウィークを控えた対応」について決定しましたので,その結果をお知らせいたします。

 その中で、県立施設(屋外の施設を除く)の原則休館(4/20~5/5)と、市町村立施設にも同様の対応を依頼することや、県内の学校(小・中・高・大学)での部活動等の休止(5/5まで)を要請することを決定しておりますので、県民の皆様にはご不便をお掛けしますが、ご理解をお願いいたします。

 また、対策本部からは、ゴールデンウィークを控えて、県民・事業者の皆様に、次のような要請を行っておりますので、引き続きのご協力をお願いいたします。
 □ すべての世代が変異株を警戒し、より一層の感染防止対策をより強化!
 □ 都道府県境をまたぐ移動は、目的地の感染状況等を確認し、慎重に判断!
 □ 「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」実施地域との不要不急の往来自粛!
 □ 飲食店における営業時間短縮要請にご協力を!(21時まで)酒類提供は、20時まで
 □ 21時以降は、飲食店の利用をしないようご協力を!
 □ 飲食を主とする店でのカラオケ設備の利用自粛を強く要請
 □ 事業者は、従業員の体調管理を徹底し、体調不良者の休暇取得に御配慮を!
 □ テレワークの強力な推進による出勤者数の削減、GW中の出勤は必要最小限に!

1 日時:令和3 年4 月27 日(火)18:00 ~ 18:15
2 場所:県庁3 階特別会議室
3 出席者:知事,副知事,政策監,警察本部長,各部局長など計19 名
4 協議概要:大型連休(GW)に備えた対応について

■保健福祉部からの報告
・県内の感染状況について資料をもとに説明

■危機管理環境部からの報告
・昨日から,やむなく帰県される方に対する出発前PCR 検査受験費用支援事業の受付を開始。
・4 月29 日から,駅,空港,バスターミナル,フェリー乗り場において啓発活動を実施。
・大型連休を迎えるにあたり,4 月29 日から5 月5 日までの間,追加対策として,「屋外の施設を除く県立施設の原則休館,市町村立施設に対する休館の働きかけ」「テレワークの推進と県外出張自粛の要請」などの対策を講じる。

■教育委員会からの報告
・本日から5 月5 日までの期間,公式の大会参加も含め,全ての部活動等を休止する。
・大会に参加できない児童生徒に不利益が生じないよう,大会主催の団体と調整を行う。
・クラスターが発生した学校の生徒や教職員へのモニタリング検査を早期に実施する。

■未来創生文化部からの報告
・若年層のクラスター発生や感染拡大を受け,小さな子供や保護者が感染した場合のFAQ や家庭向けの情報提供について,早急に検討・作成し,周知を行う。

■知事から次のとおり指示
・4 月16 日から飲食店の皆様に協力いただいている営業時間の短縮により,人流の抑制効果が現れ,飲食店関係の感染者も減少するなど一定の押さえ込みが図れている。一方で,最近では小中高等学校の若い世代の感染が拡大している。こうしたトレンドを押さえた上で,以下のとおり指示する。 

○ゴールデンウィークの対応について
・4月29 日から5 月5 日までの間,「県立施設」を原則休館とし,市町村関連の施設についても,休業の協力を要請する。
・本日から5 月5 日までの間,「すべての部活動を休止」するよう要請する。私立学校や大学についても同様に協力を要請する。

○県民・事業者の皆様に対するお願いについて
・県をまたいでの移動は慎重な対応をお願いしたい。
・飲食店の時短の要請を守っていただき,「ガイドライン実践店ステッカー」を確認の上,店舗を選んでいただきたい。

○事業者への支援について
・国からの追加が決定された地方創生臨時交付金を有効に活用し,「タクシー業界」や「飲食店への仕入れを行う業界」,「観光業界」への支援のあり方を速やかに考え,実行に移すこと。