やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

引き続き、飲食を主とする店でのカラオケ設備の利用自粛をお願いします

 本日5月7日(金)、東京都・京都府・大阪府・兵庫県に発出されていた「緊急事態宣言」の「5月31日(月)までの延長」等が決定したことを踏まえて、第52回徳島県新型コロナウイルス対策本部会議を開催し、緊急事態宣言の続く京阪神から県内への「変異株」の流入を防ぐとともに、GW後に予想される感染拡大を封じ込めるため、県内全域の飲食店に対する「営業時間短縮要請」の期間を、これまでの「5月11日(火)まで」から「5月31日(月)まで」へと、再度延長することを決定し、併せて、「飲食を主とする店でのカラオケ設備の利用自粛の徹底」を、改めてお願いすることを決定しました。

 つきましては、5月7日付で、カラオケを行う設備を有する飲食店の経営者の皆様あて、依頼文書(添付ファイル参照)を発出させていただいております。飲食店の皆様、そして利用者れる県民の皆様におかれましては、新型コロナウイルスの感染拡大を何としても封じ込めるため、重ね重ねのお願いとはなりますが、ご理解、ご協力を、何卒よろしくお願い申し上げます。

 なお、このお願いは、スナック、カラオケ喫茶等におけるオープンスペースでの設備の利用自粛を想定しており、カラオケボックスにおける利用自粛は想定しておりません。