やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

【(1/14~2/7)11都府県に緊急事態宣言が発令】感染防止のためのお願い(R3.1.13)

1月13日、国において、新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催され、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の区域変更がなされ、新たに栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県が追加され、計11都府県となりました。

〇緊急事態宣言区域(11都府県)
東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県(対象期間:令和3年1月8日~令和3年2月7日)
栃木県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県(対象期間:令和3年1月14日~令和3年2月7日)

 県民の皆様におかれましては、11都府県への不要不急の往来を控えていただくとともに、その他の地域への訪問についても訪問先の都道府県の要請に沿った行動をとっていただくほか、感染リスクが高まる「5つの場面」にご注意いただくなど、新型コロナ感染予防の対策にご協力をお願いいたします。

 事業者の皆様におかれましては、「感染拡大予防ガイドラインの遵守」、「事業者版スマートライフ宣言もしくはガイドライン実践店ステッカーの掲示」、「とくしまコロナお知らせシステムの登録・掲示」等の感染対策への取組みをお願いします。

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」(外部サイト)