やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

蚊媒介感染症(デング熱,チクングニア熱,ジカウイルス感染症)についてー徳島県感染症情報ー

蚊媒介感染症について

蚊媒介感染症とは,病原体を持った蚊に刺されることによって起こる感染症のことです。主な蚊媒介感染症には,ウイルス疾患であるデング熱チクングニア熱ジカウイルス感染症などがあります。

熱帯・亜熱帯地域で流行しています。これら蚊媒介感染症は海外からの輸入症例として報告されていますが,デング熱に関しては2014年に約70年ぶりに,首都圏を中心とした国内感染例が多数報告されました。

海外ではネッタイシマカ等,日本ではヒトスジシマカ等のヤブカに刺されることによって感染します。そのため,蚊が発生している場所で活動・作業する際は,蚊に刺されないように対策をとることが大切です。

デング熱について

デング熱は急激な発熱で発症し,発疹,頭痛,骨関節痛,嘔気・嘔吐などの症状が見られます。発症後2~7日で解熱し,解熱時期に発疹が現れます。まれに重症化してデング出血熱やデングショック症候群を発症することがあり,早期に適切な治療をしなければ死に至ることもあります。

チクングニア熱について

3~12日(通常3~7日)の潜伏期間を経て,多くが発熱で発症します。発熱と関節痛が見られ,8割程度で発疹が見られます。関節痛は対称性で四肢で強く,急性症状が軽快した後も,数週間から数か月にわたって続く場合があります。その他の症状には,全身倦怠感,頭痛,筋肉痛,リンパ節腫脹があります。

ジカウイルス感染症について

ジカウイルス感染症は感染しても症状がないか,症状が軽いため気付きにくいこともあります。

海外の流行地域において,蚊に刺されてから数日後に,軽度の発熱,発疹,結膜炎,関節痛,筋肉痛,倦怠感,頭痛等の症状が見られた場合は,医療機関を受診してください。

妊娠中にジカウイルスに感染すると,胎児に小頭症等の先天性障害を来すことがあります。また,性行為により感染することも報告されています。

蚊の予防策について

蚊に刺されないために

蚊が発生している場所で活動・作業する場合は,蚊にさされないように対策をとりましょう。媒介蚊の吸血行動は,朝から夕方までの日中に見られます。

・長袖,長ズボンを着用する。白など薄い色のシャツやズボンを選ぶ。

・素足でのサンダル履きを避ける。

・虫除けスプレーや蚊取り線香を使用する。

蚊を増やさないために

蚊(幼虫と成虫)の発生を減らすために,蚊の発生時期といわれる5月から10月を中心に,対策をとりましょう。

・屋外にある植木鉢の受け皿,用具のたまり水を,こまめに交換・清掃しましょう。

・不要な物は片付け,たまり水を作らないようにしましょう。

・下草を刈るなど,成虫の潜み場所をなくしましょう。

徳島県における蚊の生息調査について

徳島県では,蚊媒介感染症の発生予防とまん延防止のため,徳島県蚊媒介感染症行動計画に基づいて蚊の生息調査を行っています。

蚊の生息調査について

海外へ渡航される方へ

蚊媒介感染症の発生地域へ渡航される場合は,蚊にさされないように注意しましょう。

渡航先の感染症情報は,下記のホームページにてご確認ください。

厚生労働省検疫所FORTHホームページ【外部サイト:厚生労働省】

帰国時に体調に異常がある場合は,空港等の検疫官にお申し出ください。

帰国後に症状が現れた場合は,海外への渡航歴を伝えたうえで医療機関を受診してください。

関連リンク先

媒介感染症【外部サイト:厚生労働省】

デング熱について【外部サイト:厚生労働省】

チクングニア熱について【外部サイト:厚生労働省】

ジカウイルス感染症について【外部サイト:厚生労働省】