やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

腸管出血性大腸菌感染症についてー徳島県感染症情報ー

腸管出血性大腸菌感染症は,食品(とくに生肉)などを介して腸管出血性大腸菌(O157など)に感染することで発症します。無症状や軽症で終わる場合もありますが,水様の下痢,激しい腹痛などの症状が現れ,ときに重症化し,死に至る場合もあります。とくに,子供や高齢者では重症化しやすいため注意が必要です。

感染予防のため,生の食肉や加熱不十分な食肉を食べることを控えるとともに,しっかり手洗いをしましょう。

下痢や腹痛などの症状が現れたら,脱水にならないように水分を十分に補給し,速やかに医療機関を受診しましょう。

腸管出血性大腸菌感染症の発生状況

徳島県内の発生状況(過去5年間)

6月~9月までの夏から秋にかけて発生が増加しますが,その他の月でも報告されています。

腸管出血性大腸菌感染症月別発生状況

全国の発生状況

腸管出血性大腸菌感染症の全国の発生状況【外部サイト:国立感染症研究所】(別ウィンドウで開きます)

腸管出血性大腸菌について

潜伏期間と症状

<潜伏期間>

 多くの場合,感染後3日~8日です。

<症状>

 水様便の症状が現れ,その後激しい腹痛や血便,嘔吐,発熱などがみられます。

 これらの症状のある方のうち6%~7%程度が重症化する(溶血性尿毒症症候群や脳症等を発症)といわれています。

感染経路と原因

 ・腸管出血性大腸菌(O157,O26,O111など)が,食品などを介して口から入ることで感染します(経口感染)。

 ・感染力が強いため,少ない菌数(100個程度)で感染する可能性があります。

1.食品

 ・生の牛肉やレバー,加熱不十分な肉(牛タタキ,牛角切りステーキ,ローストビーフ)など

 ・食肉等から二次感染した食品(サラダ,貝割れ大根などの生食用発芽野菜など)からも感染が報告されており,様々な食品が原因となります。

2.人

 ・患者さんとの濃厚接触など

 ・患者さんの看護をした人の手洗いが不十分な場合,手を介して菌が口に入り感染します。患者さんと話すことや咳・くしゃみなどでは感染しません。

3.その他

 ・公衆浴場やプール,動物(ふれあい動物体験,搾乳体験)など

腸管出血性大腸菌感染症を予防するには

1.肉の生食は控えましょう!

 ・肉類はしっかり加熱しましょう。(75℃,1分間以上の加熱で腸管出血性大腸菌は死滅します。)

 ・とくに子供や高齢者は重症化しやすいため,食べないように気をつけましょう。

2.手洗いをしましょう!

 ・調理前,食事の前

 ・トイレの後,おむつ交換後

 ・動物とのふれあい後

3.消毒をしましょう!

 ・まな板や包丁などの調理器具は,使用の都度,熱湯や家庭用漂白剤で消毒しましょう。

他にも,

下痢症状があるときは 

 ・公衆浴場やプールの使用は控えましょう。

 ・入浴の順番を最後にしましょう。

患者さんを看護するときは

 ・下痢便に触れないよう使い捨て手袋を使い,外した後もしっかり手を洗いましょう。

関連リンク

※下記ページは,別ウィンドウで開きます。

腸管出血性大腸菌Q&A【外部サイト:厚生労働省】

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント【外部サイト:厚生労働省】