文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県こうのとり応援事業(不妊治療費助成事業)について

令和4年度の特定不妊治療費助成事業について

 徳島県では、保険適用への移行期の治療計画に支障が生じないよう、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を令和3年度以前に開始し、年度をまたがって令和4年度に治療を終了する場合について、経過措置による助成をします。

令和4年4月からの不妊治療保険適用について

令和4年4月からの不妊治療保険適用等について、「不妊治療に関する取組」(厚生労働省ホームページ外部リンク)にて、公開されています。

なお、保険適用の内容については、実際に治療を実施している医療機関にご相談ください。

対象となる治療期間

治療期間の初日が令和4年3月31日以前であり、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に1回の治療が終了するもの。

※「治療期間の初日」とは、採卵準備のための「薬品投与」の開始等の日をいい、「1回の治療」とは、採卵準備のための「薬品投与」の開始等から「妊娠の確認」等に至るまでの特定不妊治療の一連の過程をいいます。

※凍結胚移植(治療ステージC)については、治療開始が令和4年4月1日以降であっても、令和4年3月31日以前に行った体外受精・顕微授精により作られた授精胚による凍結胚移植である場合は助成対象とします。

対象者となる条件

次の全てに該当する方が対象です。

 (1)治療開始日時点で、法律上の婚姻関係にある夫婦及び事実婚関係にある者

 (2)治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦であること

 (3)申請日時点で、夫又は妻のどちらかが徳島県内に居住していること

 (4)特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断されていること

 (5)徳島県又は各都道府県・指定都市・中核市が指定した指定医療機関で特定不妊治療を受けていること

助成回数

令和4年度中に1回限り

※令和4年3月31日までに終了した特定不妊治療にかかる助成可能回数を超える場合は対象外です。

令和4年3月31日までに終了した特定不妊治療にかかる助成可能回数

通算1回目の助成を受けた治療開始日時点における妻の年齢が

〇40歳未満の方 : 子ども一人あたり通算6回まで

〇40歳以上43歳未満の方 : 子ども一人あたり通算3回まで

 ・助成上限回数は、通算1回目の助成を受けた治療の開始日時点における妻の年齢で決定します。

 ・他の自治体(都道府県・指定都市・中核市)で助成を受けた回数も通算されます。

 ・助成を受けた後に、出産に至った場合は、これまで受けた助成回数をリセットすることができます。(妊娠12週以降に死産に至った場合も同様です。)

助成上限額

特定不妊治療に要した費用(全て医療保険適用外のものに限る)に対して、1回の治療につき次の金額を上限として助成します。

なお、「1回の治療」とは、採卵準備のための投薬開始から体外受精又は顕微授精1回に至る治療の過程を指します。

○治療ステージA、B、D、E 1回の治療につき上限30万円

○治療ステージC、F 1回の治療につき上限10万円

○特定不妊治療(治療ステージA、B、D、E、F)のうち精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(男性不妊治療)を行った場合

  1回の治療につき上限30万円

※医療保険適用外の手術費用、凍結費用が対象です。

※医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中止した場合についても、卵胞が発育しない等により卵子採取以前に治療を中止した場合を除き、助成の対象とします。

※男性不妊治療のみ令和3年度に始めた場合も対象となります。(特定不妊治療が今年度終了した場合)

※夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療や、代理母、借り腹による治療は助成の対象となりません。

○体外受精・顕微授精の治療ステージと助成対象範囲確認表

○経過措置の対象

よくある質問(R4.7.21時点)
1 令和4年3月31日以前に凍結した余剰胚が2個あり、そのうちの1個を令和4年4月に保険診療で移植しました。残りの1個を令和4年7月に自由診療で移植した場合、経過措置の治療ステージCとして助成対象となりますか。 経過措置の要件を満たしていれば、対象となります。
2 令和4年3月31日以前に凍結した受精胚の保存を令和4年4月に保険診療で更新しました。その受精胚による凍結胚移植を令和4年8月に自由診療で行った場合、経過措置の治療ステージCとして助成対象となりますか。 経過措置の要件を満たしていれば、対象となります。(この場合の保険診療は直接治療とは関係が無いため。)
さらに、徳島県では次のとおり上乗せ助成をしています

●治療ステージAで余剰胚を凍結保存した場合の胚凍結保存料、又は治療ステージBにかかる胚保存料に対して

 1回限り上限3万円

●精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(男性不妊治療)後に、全てあるいは余剰の精子や精巣組織の凍結保存をした場合、精子や精巣組織の保存料に対して

 1回限り上限3万円

申請書類

各申請書のコピーが必要な場合(市町村が実施する助成事業の申請に使用する場合など)は、必ずご自身で提出前にコピーを取り、保管しておいてください。

受理した書類については、お返しできません。

(1)徳島県こうのとり応援事業申請書(令和4年4月1日から様式が変更しています。)

(2)徳島県こうのとり応援事業受診証明書(令和4年4月1日から様式が変更しています。)

【お願い!!】受診証明書の主治医氏名については、主治医に自著してもらうか、押印をお願いします。

(3)特定不妊治療・男性不妊治療を受けた指定医療機関発行の領収書自費診療分に限る

 ※領収書原本の返却を希望される場合は、コピーも一緒に提出してください。

(4)特定不妊治療・男性不妊治療を受けた指定医療機関発行の明細書

 ※徳島県による上乗せ助成を申請するとき及び男性不妊治療の助成申請時に領収書では内容が確認できないときは、明細書が必要です。

(5)夫及び妻の住民票【発行日から3か月以内のもの・原本

 ※個人番号(マイナンバー)の提示により、住民票の提出を省略できます。

(6)戸籍謄本【発行日から3か月以内のもの・原本

 ※通算回数に関わらず、徳島県に申請する初回の際には必ず提出が必要です。

 ※助成回数の変更のため、子の出生の確認をする際には提出が必要です。

※事実婚の確認に必要な書類について

・両人の戸籍謄本(両人が重婚でないかの確認のため)

・両人の住民票(同一世帯であるかの確認のため・同一世帯でない場合は申立書で理由を記載)

・両人の事実婚関係に関する申立書

■個人番号(マイナンバー)による提出書類省略について

窓口で個人番号(マイナンバー)を提示すると、(5)住民票の提出が省略できます。

提出書類を省略される方は、個人番号(マイナンバー)カード又は通知カード及び本人証明書(運転免許証等)をご持参ください。

※通知カードは、デジタル手続法施行により廃止されましたが、当該通知カードに記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として利用できます。

※申請時には夫婦それぞれの個人番号(マイナンバー)が必要です。

申請方法

経過措置は令和4年度限りとなりますので、令和5年3月31日までに、居住地を管轄する保健所に申請してください。なお、郵送による受付は行っていません。

※申請期限を過ぎた場合は助成対象となりませんので、ご注意ください。

【注意】新型コロナウイルス感染拡大に伴う年齢要件の取扱い

新型コロナウイルス感染症防止の観点から一定期間治療を延期した場合、時限的に年齢要件を緩和します。

(1)対象者の年齢について

 〇治療期間の初日における妻の年齢「43歳未満」→「44歳未満」

 ◆次の(1)~(3)を全て満たす必要があります。

 (1)令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦(法律婚)

 (2)令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したもの

 (3)前年(1月~5月の申請は前々年)の夫婦合算の所得額が730万円未満であること

(2)通算助成回数について

 〇初回助成時の治療期間の初日における妻の年齢「40歳未満」:6回(40歳以上:通算3回)→「41歳未満」:6回 

 ◆次の(1)~(3)を全て満たす必要があります。

 (1)令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳である夫婦(法律婚)

 (2)令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したもの

 (3)前年(1月~5月の申請は前々年)の夫婦合算の所得額が730万円未満であること

 各要件における詳細については、申請窓口にてご相談ください。 

●徳島県指定医療機関一覧
医療機関名 郵便番号 住所 電話番号 FAX番号 体外受精 顕微授精
惠愛レディースクリニック 770-0023 徳島県徳島市佐古三番町4-6 088-653-1108 088-653-1077
徳島大学病院 770-8503 徳島県徳島市蔵本町2丁目50-1 088-633-7175 088-633-7491
中山産婦人科 771-1221 徳島県板野郡藍住町東中富字長江傍示5-6 088-692-0333 088-692-0440

<指定医療機関(採卵・胚移植を行う医療機関)における情報提供>

指定医療機関における不妊治療の実施にかかる情報について、ホームページ上で掲載することになりました。記載内容については、各医療機関にご確認ください。

※県外の指定医療機関においても、その所在地の都道府県知事等の指定を受けていれば、助成の対象となります。全国の一覧については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

●お問い合わせ先(相談・申請窓口)
相談・申請窓口 郵便番号 住所 電話番号 管轄市町村
徳島保健所 770-0855 徳島市新蔵町3丁目80 088-602-8904 徳島市、鳴門市、小松島市、勝浦町、上勝町、佐那河内村、 石井町、神山町、松茂町、北島町、藍住町、板野町、上板町
阿南保健所 774-0011 阿南市領家町野上319 0884-28-9876 阿波市、吉野川市
美波保健所 779-2305 海部郡美波町奥河内弁才天17-1 0884-74-7374 阿南市、那賀町
吉野川保健所 776-0010 吉野川市鴨島町鴨島106-2 0883-36-9018 牟岐町、美波町、海陽町
美馬保健所 777-0005 美馬市穴吹町穴吹字明連23 0883-52-1016 美馬市、つるぎ町
三好保健所 778-0002 三好市池田町字マチ2542-4 0883-72-1123 三好市、東みよし町

※令和4年度に市町村が実施する助成事業については、お住まいの市町村にお問い合わせください。

■ホームページのお問い合わせ

徳島県保健福祉部健康づくり課母子・歯科口腔担当【電話088ー621-2220/ファクシミリ088-621-2841】

※申請・相談については、居住地を管轄する保健所にお問い合わせください。