やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

肝がん・重度肝硬変入院治療費助成制度について

B型及びC型ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬変の治療の為に、県が指定する医療機関に入院している方を対象に医療費助成が受けられます。

概要

平成30年12月1日から、対象となる方の入院治療費の自己負担を月1万円に助成する制度です。

対象者

  • 肝炎ウイルスが原因の肝がん・重度肝硬変患者の方
  • 世帯年収約370万円以下の方
  • 肝がん・重度肝硬変の治療の研究に協力していただける方(検査データ等の提出)

助成対象

過去1年間で、高額療養費の上限額を超える4ヶ月目以降の入院治療費について公費助成を行います。

助成期間

1年間(申請書等を提出した月の初日から)

更新の手続きも可能です。主治医と御相談ください。

利用の流れ

指定医療機関で入院記録票(過去1年間の入院治療費を証明する書類)と臨床調査個人票(診断書)を作成してもらい、お住まいを管轄する保健所に申請してください。

申請に必要な書類等については、健康増進課感染症・疾病対策室、各保健所にお問い合わせください。

指定医療機関の申請

指定医療機関について

本事業で入院治療費助成を受けるには、徳島県知事が指定する「指定医療機関」の申請を行っていただく必要があります。

指定医療機関の要件

  • 肝臓専門医もしくは、消化器専門医等により、肝がん・重度肝硬変の入院治療を適切に行うことができること。
  • 本事業の実施に協力できる医療機関であること。

指定医療機関の役割

  • 肝がん・重度肝硬変患者がいた場合、本事業についての説明及び入院記録票の記載・交付を行うこと。
  • 医療を担当する医師に臨床調査個人票(診断書)を作成してもらい交付すること。
  • 公費負担医療の請求医療機関として公費の請求を行うこと。
  • その他、指定医療機関として本事業に必要な対応について協力すること。