やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

四国横断自動車道(徳島東IC~徳島JCT間)の事業進捗状況や最新トピックスをご紹介します!

四国横断自動車道は、阿南市を起点に徳島市、高松市、四国中央市、高知市、四万十市を経て、大洲市に至る瀬戸内海側と太平洋側を結ぶ約441kmの主要幹線で、本四架橋と連携して本州・四国間の一体化を図り、瀬戸内および太平洋側の産業経済の発展に重要な役割を果たします。

早期完成への期待が高まる中、平成30年11月に開催された「四国横断自動車道連絡会議(第2回)」において、事業者である西日本高速道路株式会社から、強風や高波などの気象条件や、浚渫作業の追加などによる影響を検証した結果、完成が2年延期の「令和3年度末」になることが発表されました。

令和3年度末の確実な供用に向けて、当ページでは県民の皆様に対し、四国横断自動車道に関する「事業の進捗状況」や「最新のトピックス」などの情報を発信してまいります!

四国横断自動車道(徳島東IC~徳島JCT間)の工事を順次進めています!

◆事業進捗状況(徳島東IC~徳島JCT間)

平成30年11月末時点で、用地取得率および工事着手率は100%となりました!

◆事業進捗状況(川内地区)

○川内地区では、徳島ジャンクションの橋梁工事や旭野地区で盛土工を実施しています。

◆事業進捗状況(吉野川大橋)

○吉野川渡河部では、橋脚基礎工事が完成し、現在は上部工事に必要である架設桁の施工に取り掛かるとともに、橋の桁(セグメント)製作を行っています。

○上部工事は、製作された桁を接合していく「プレキャストセグメント工法」等により施工されています。

◆事業進捗状況(沖洲地区)

○吉野川大橋(陸上部)の架設が進むとともに、沖洲地区では、盛土工事をはじめ、ボックスカルバートや橋台等の整備を終え、舗装工事を除く本体工事は概成しています。

吉野川大橋パンフレット

工事現場見学会も随時開催中!

四国横断自動車道連絡会議(開催結果)

国土交通省、徳島県及び西日本高速道路株式会社による「E55 四国横断自動車道連絡会議」を設置し、現在の工事の進捗状況や課題などの情報共有を図り、四国横断自動車道の確実な整備に向けて取組んでいます。

★四国横断自動車道連絡会議(第1回)の開催結果について(NEXCO西日本のサイトへ)

★四国横断自動車道連絡会議(第2回)の開催結果について(NEXCO西日本のサイトへ)

吉野川河渡部の環境保全(開催結果)

四国横断自動車道が横過する「吉野川渡河部」は、多種多様な希少生物が生息・生育し、渡り鳥のシギ・チドリ類が飛来する湿地を有する吉野川の河口域に位置することから、環境保全の観点において重要な場所であります。

このような自然豊かな「吉野川渡河部」の環境保全のため、専門家から必要な指導、助言を得るため、「四国横断自動車道 吉野川渡河部の環境保全に関する検討会」を設置しています。

★過去の開催結果はこちら(NEXCO西日本のサイトへ)