やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

令和元年度高齢者安全運転支援装置普及促進事業費補助金について【令和元年11月1日申請受付開始!】

 徳島県では,高齢運転者の交通事故の発生を抑止するため,70歳以上の高齢者の方を対象に,後付けの安全運転支援装置補助制度を創設いたしました。

 令和元年度分の申請受付を令和元年11月1日から開始しますので,後付けの安全運転支援装置の設置を検討されている方は,ぜひこの機会に補助制度をご活用ください。

1.補助制度の概要

 徳島県内にお住まいの満70歳以上の高齢者の方が,後付けの安全運転支援装置(※)を購入及び設置する費用の2分の1(上限5万円)を補助します。

 ※ペダル踏み間違い等による急加速抑制装置としての機能を有するもので,県からの指定を受けた事業者(指定事業者)により補助対象として登録されたものが対象となります。

(1) 補助対象者等(次のいずれにも該当する方が補助制度の対象となります)

  • 徳島県内に居住する満70歳以上の方(令和2年3月31日までに70歳に達する方を含む)
  • 安全運転支援装置を設置する自動車の自動車検査証に記載されている「所有者の氏名又は名称」又は「使用者の氏名又は名称」と同一である方
  • 有効期限内の自動車運転免許証を保有している方
  • 安全運転自主宣言を実施している方
  • 自動車が後付けの安全運転支援装置を設置することが可能であること
  • 自動車の自動車検査証の「自家用・業務用の別」欄に「自家用」と記載されたもの

※このほか,申請時には以下の事項に誓約していただく必要があります。

  • 暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「暴対法」という。)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)に該当しないこと
  • 暴力団(暴対法第2条第2号に規定する暴力団をいう。)又は暴力団員と密接な関係を有する者に該当しないこと
  • 転売を目的とした安全運転支援装置の設置でないこと
  • 安全運転支援装置を設置する自動車を,個人の用途に供すること
  • 設置を依頼した指定事業者から安全運転支援装置の機能と適切な使用方法について,説明を受けたこと
  • 安全運転支援装置設置後に発生した事故や自動車の故障等に県が一切の責任を負わないことについて了承したこと
  • 虚偽の申請その他不正行為によって本補助金の給付を受けた場合は,補助金の全部又は一部を返還すること

安全運転自主宣言とは?

高齢者の方が自分の運転を振り返り,県が指定する様式により,今後も安全に運転するための目標を定めて実行する取組です。

※「安全運転自主宣言書」の様式は,指定事業者等で配布しています。

(2) 指定事業者(令和元年10月29日現在、五十音順)

  • 株式会社オートバックス南海(4店舗)
  • 株式会社徳島イエローハット(5店舗)
  • 株式会社徳島ダイハツモータース(8店舗)
  • 徳島トヨタ自動車株式会社(8店舗)
  • 徳島トヨペット株式会社(8店舗)
  • トヨタカローラ徳島株式会社(8店舗)
  • ネッツトヨタ徳島株式会社(8店舗)

※対象となる店舗名や所在地,電話番号は以下の指定事業者一覧で御確認ください。

2.補助金の申請手続き

(1)申請受付期間

令和元年11月1日から令和2年3月31日まで

(装置の設置日から起算して3か月を経過した日又は令和2年3月31日のいずれか早い日までに,指定事業者に申請書類を提出してください。)

(2) 補助金の申請手続き

ア.指定事業者に安全運転支援装置の設置について相談してください。

指定事業者に連絡し,設置日の予約等を行ってください。

※自動車の車種や状態によっては取り付けができない場合があります。

イ.「安全運転自主宣言書」(県が指定する様式)を作成してください。

自分の運転を振り返り,今後も安全に運転するための目標を定めましょう。

※「安全運転自主宣言書」の様式は,指定事業者等で配布しています。

ウ.安全運転支援装置を設置し,申請書類を指定事業者に提出してください。

指定事業者で予約日に安全運転支援装置を設置し,申請書類を提出してください。

【予約日に持参するもの】

 ・自動車運転免許証の写し

 ・自動車検査証の写し

 ・安全運転自主宣言書の写し

 ・印鑑(シャチハタ等スタンプ印は不可)

※申請書は指定事業者等で配布しています。

※提出した申請書類は指定事業者から県に送付されます。

エ.「補助金交付決定通知書兼額の確定通知書」が県から郵送されます。

県で申請書類を審査の上,通知書をお送りします。併せて,「補助金請求書」も郵送されます。

オ.「補助金請求書」を県に提出(郵送)してください。

「補助金請求書」に必要事項を記入・押印(申請時に押印した印鑑)の上,振込先口座の通帳の写しを添えて,県が定める期日までに提出してください。

※請求書が期日までに提出されない場合は,補助金が支払われません。

カ.補助金が指定口座に振り込まれます。

(3) 申請書類

  • 補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)
  • 安全運転支援装置購入及び設置証明書(添付書類様式第1号) ※指定事業者が作成
  • 安全運転支援装置の購入及び設置に係る領収書の写し
  • 自動車検査証の写し
  • 自動車運転免許証の写し(住所変更がある場合は裏面も必要)
  • 安全運転自主宣言書の写し

※補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)及び安全運転自主宣言書は,指定事業者等で配布しています。

※申請書類は,指定事業者に提出してください。その後,指定事業者から県に申請書類が送付されます。

3.参考資料

補助金実施要領

補助金交付要綱

補助金交付規則