やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

10年目の「超・進化」 ~とくしまマラソン2017開催!~

すっかり春の風物詩となった「とくしまマラソン」。思い起こせば、2008年4月、「神戸淡路鳴門自動車道」開通10周年を記念し、4千人の参加者でスタート。ランナーや県民の皆様に支えられ、3月26日、記念すべき第10回大会を開催 !

今回は、走りやすい時期へと1カ月前倒し開催、混雑緩和のためウェーブ(時間差)スタート導入、フィニッシュ会場での完走メダル受取りなど、ランナーズファーストで進化を遂げました。

ゲストランナーには、アテネ五輪金メダリスト「野口みずき」さん、リオ五輪代表「伊藤舞」さんと豪華な顔ぶれをお迎えし、出走者数は、国内外から1万2,454人(完走率92.5%)となり、第1回大会の3倍超えに !

また、東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムの色、ジャパンブルーの象徴「阿波藍」の魅力を発信するため、ランナーの皆様に「藍色」を身にまとって走っていただく「藍・ランナーフォトコンテスト」を開催(私も藍染のTシャツで参加)!

さらに、前日25日には第10回大会を記念した「ファンラン」を初開催し、初心者やファミリー層に加え、障がいのある方も、適切なサポートのもと、約3.5kmのコースを走り、本番の雰囲気を体感いただきました。

関西ワールドマスターズゲームズ2021のデモンストレーション競技にも選ばれた「とくしまマラソン」。県民の皆様に愛され、国内外のランナーから「とくしまマラソンが1番!」と評価いただけるよう、さらに進化させて参りますので、今後とも、ご理解、ご協力をお願いしますね。

(徳島県知事飯泉嘉門)