やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「見る」スポーツから「する」スポーツへ〜3大国際スポーツ大会が間近に!〜

 令和の御代を迎えるとともに、いよいよ本年から、世界初の3年連続同一国開催となる大規模な国際スポーツ大会の開催を迎えます。

 今年はアジア初開催となる「ラグビーワールドカップ2019」が開催され、5大会連続でW杯出場を決めている強豪・ジョージア代表チームが徳島で事前チームキャンプを行います。

 また、先月に観戦チケットの抽選申込が行われた「東京2020オリンピック・パラリンピック」では、本県がホストタウンとなっているドイツの柔道、カヌー、そしてカンボジアの水泳の代表チームの事前キャンプが決定!世界トップアスリートの姿を「見る」機会がすぐそこに!

 再来年には、生涯スポーツの祭典「ワールドマスターズゲームズ2021関西」が本県を含む2府7県4政令市を舞台にいよいよ開催。ラグビーW杯、オリパラで関心が高まったスポーツを「する」スポーツとして楽しむ絶好のチャンスが到来します。

 先月11日には、イオンモール徳島で大会2年前記念イベントを開催。本県で開催される12競技種目のうち、ウエイトリフティング、カヌー、トライアスロンの競技体験ブースや競技用具の展示、大会アンバサダーの元ラグビー日本代表である大西将太郎さんとのトークショーなどを実施、多くの県民の皆さんに、スポーツに触れ、親しんでいただきました。県民の皆さんも是非、大会にご参加いただき、世界大会のメダルを目指すとともに、世界中の参加者と交流を深めてくださいね!

 11日の模様や県内で行われる様々なイベント、県からのお知らせは、動画で発信していますのでご覧くださいね。

(徳島県知事飯泉嘉門)

徳島県公式Twitterでも動画配信中!(外部サイト、別ウィンドウで開く)