やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「中小企業の総合的支援拠点」本格オープン!

 本県企業の99.9%が中小企業ということ、ご存じでした?そこで、徳島の経済が元気になるためには、「頑張る中小企業」への応援が欠かせません。中でも、企業の将来を担う人材の育成・確保は喫緊の課題です。
 県では、中小企業の多様なニーズにお応えするため、徳島の産業人材育成の拠点である「県立中央テクノスクール」の全面オープンを契機に、総合的な人材の育成・確保対策を一段と加速させています。
テクノスクールでは、通常の職業訓練による「即戦力」の育成に加えて、今年度から熟練工を外部講師に迎え、プロの技法を学ぶ実践的コースを創設。また、就職希望の高校生には、地元企業からの「出前授業」や「職場体験」を通じて生きた就職情報の提供を行い、県内企業の魅力を実感してもらいながら、各自の希望に沿った就職サポートを実施します。
 さらに、技術力の一層の向上を望む在職者の方には、昨年11月に先行オープンした「在職者訓練棟」で最先端の技術の習得や資格試験への挑戦など、第一線で活躍、さらに上のレベルを目指す意欲あふれる技術者を強力にサポートしていきます。
一方、経済団体が一体となった中小企業応援拠点「徳島経済産業会館(通称KIZUNAプラザ)」が隣接する好条件を最大限に活かし、経済界の皆さんとの連携を強化。「ニーズに応じたカリキュラムづくり」や「きめ細やかな就職活動支援」など、「中小企業の総合的支援拠点」として、産業人材の育成・確保に全力で取り組んで参ります。
 また、県外大学に通う本県出身の学生と地元企業との「出会いの場」の創造も重要な課題。就職支援協定を締結した関西の6大学に県内企業が出向く就職セミナーや企業見学会を開催し、企業の魅力を直に実感してもらい、ふるさと徳島での就職に結びつけてもらいたいと考えています。
今後とも、徳島で多くの若者が「夢」を実現し、「希望」を持って働けるよう「幸福を実感できる徳島」づくりを進めて参りますので、ご理解、ご協力よろしくお願いします。